リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

オムニチャネルとは?現代にマッチする販売戦略の概要とメリットを解説

近年の消費者の購買行動は複雑化に伴い、オンラインとオフライン問わず行う販売戦略である「オムニチャネル」が改めて注目を集めています。

本記事では、オムニチャネルの概要から活用することで得られるメリットについて解説していきます。

オムニチャネルとは

オムニチャネルとは、あらゆるメディアで顧客との接点(チャネル)を作ることで、購入の経路を意識させない販売戦略のことをいいます。

顧客との接点(チャネル)には、ECサイトやメール、スマホアプリといったオンラインの接点と、店舗などのオフラインの接点があります。

様々な接点(チャネル)を連携し、ユーザーに一環した顧客体験を提供して、アプローチしていきます。

オムニチャネル自体は新しい概念ではありませんが、近年のスマートフォンやSNSの普及により、オンライン(ネット)とオフライン(実店舗)を問わず行う戦略が、これまで以上に注目されています。

オムニチャネルを活用するメリット

オムニチャネルを販売戦略として活用するメリットは以下の2点です。

・顧客満足度の向上

・全体の購入パターンが分析できる

顧客満足度の向上

オムニチャネルの大きなメリットは、オンライン(ネット)とオフライン(実店舗)を繋ぐことで、ネットとリアルの境を感じさせないシームレスな顧客体験を提供できるという点です。

例えば、実店舗で欲しい商品の在庫がない場合でも、店舗の方でネットショップにアクセスし在庫確認から顧客の自宅までの発送の手配もしてくれます。

顧客は店舗で支払いを済ませれば自宅に届くのを待つだけのため、スムーズに欲しい商品を手に入れることが可能になります。

全体の購入パターンが分析できる

オムニチャネルでは、実店舗、ECサイト、SNSの顧客データを統合して管理できるため、近年の顧客の購入パターンの複雑化の面を補えます。

さらに、顧客データの管理の一元化できるため、チャネルの垣根を越えて全体の顧客の行動パターンの分析でき、最適な導線設計が可能になります。

まとめ

今回は、オムニチャネルについてご紹介しました。現在、実店舗とECサイトを別々で運用されている場合はこの機会にオムニチャネルを活用してみてはいかがでしょうか。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

カルテットコミュニケーションズ編集部。実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事