リスティング広告正規代理店|Yahoo!プロモーション広告・Google広告完全対応|東京・大阪・名古屋

【Google広告】海外配信の落とし穴!中国への配信はできる?できない?


みなさんこんにちは、運用者の黒川です。

私は初めて会う人にしばしば、見た目的に「大陸の方?」と言われることがあり、勝手に中国に親しみを感じていますので、今回はGoogle広告での中国への配信について記事を書きました。

Google広告などで海外に広告配信をしたことがある方なら、既知の方もいらっしゃると思いますが、結論から言うとGoogle広告を介した中国への配信は、ほとんどできません

本記事では、なぜできないのかなどの中国のGoogle広告配信事情をご紹介します。

金盾(きんじゅん)がGoogleへのアクセスを規制!

金盾とは、中国政府が運用しているインターネット検閲・規制システムらしいです。(参考サイト

この金盾によって、中国在住の方は、中国が許可したウェブサイト・サービス以外は利用できないようになっています。
その規制対象に「Google」が入っているため、中国ではそもそもGoogleが使用できません
使用できる人がほとんどいないので、Google広告を配信しても配信されないという結果になります...。

※VPNを利用することで、中国本土でもGoogleなどの海外ウェブサービスの使用は可能になります。

ちなみに、Googleが規制されているのでそれに関連するGmailやYouTubeなどももちろん使えません。また、LINE、FacebookやTwitterなどのSNSも規制されています。

え?でも設定できるじゃん!

そうです。以下の画像のように、管理画面上では設定は可能なのです。
でも、実質的には、設定してもほとんど配信されません。

【補足】中国で主流のウェブサービス

ちょっと脱線しますが、中国で主流のウェブサービスを一部ご紹介します。

GoogleやFacebookなどが使えなくて、中国の人は何のウェブサービスを使っているの?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、独自に中国で発展しているウェブサービスがあります。

  • 百度(Baidu:バイドゥ)
    中国で最大の検索エンジンです。中国ではGoogleのような立ち位置ですかね。
  • 微信(WeChat:ウィーチャット)
    通話やメッセージが活用できるSNSです。LINEのように、多様な機能を利用することができ、WeChat Payといったスマホ決済ができるアプリもあったりします。また、SNSの中でも中国国内シェアがもっとも高いことも特徴です。
  • 微博(Weibo:ウェイボー)
    ユーザーが文章を投稿して、コメントされたりシェアされたりなど、TwitterやFacebookに近いSNSサービスです。

他にもいろいろありますが、補足情報なのでこの辺でとどめます。

一部配信できるところもある!

実は、「台湾」と「香港」には配信できます!

 

※一応、配信できた証拠のデータです。

「台湾」、「香港」は金盾による規制の対象外なので配信できるんですね~。
Google広告でどうしても配信したい場合は、金盾で規制されていない地域なら配信できます。

まとめ

海外のウェブ利用事情ってなかなか馴染みがなくて調べないとわからないですよね~。
日本以外の国を広告配信の対象にするなら、その国のことをある程度調べないと思わぬ落とし穴があったりしますので、配信前の事前調査は必ずしましょう!

海外配信に興味がある方は、けっこう前の記事ですが、根本的に押さえるべき点の参考になると思いますので、こちらの弊社過去記事も是非読んでみてください。

(ちなみにどうでもいい情報ですが、アイキャッチの画像は中国拳法 八極拳の技「鉄山靠(てつざんこう)です。)

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ