リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

LINEを使ったプロモーションまとめ


こんにちは。営業部の手呂内です。

5月も半ばになり、だんだん夏が近づいてきましたね。夏といえば恐怖の紫外線。私は焼けやすく、油断すると真っ黒になってしまうので、今年は白いまま夏を終えれるように頑張ります。

今回は、LINEのプロモーションについてご紹介したいと思います。

LINEが運用型広告に参入!

先日、LINEが運用型広告を2016年6月から開始することを発表しました。LINEは世界のユーザー数が約2億2千万人を超えている巨大なコミュニケーションツールなので、この発表はプロモーション業界にとってはかなり注目されていますね。

LINE広告がFacebook広告などに匹敵する広告手法となってくるかは、ターゲティングのセグメント方法に依存してきそうですね。LINE自体、詳細なユーザー情報を登録せずに始められるため、プライバシーポリシーに配慮しながらどういったデータを活用してターゲティングできるのかが鍵になってきそうです。

現在わかっていることは、LINE NEWS、LINE MUSIC、LINEマンガなどのLINE関連サービスの利用履歴や、公式アカウントのフォロー状況、スタンプの購買情報のデータを利用することができるようです。

広告枠も、タイムラインの他にLINE NEWSやLINEゲームなどにも配信されるようなので、インフィード広告で成果が出そうな広告主様は期待できるかもしれません。

LINEによるプロモーション紹介

LINEは現在も企業が活用できるプロモーションサービスを提供しています。今回はちょっとリスティングとは離れてしまいますが、活用できそうなサービスをご紹介したいと思います。

LINE公式アカウントとLINE@

企業がLINEでプロモーションする方法として、【LINE公式アカウント】【LINE@】の2種類があります。どちらもユーザーを友達登録して、店舗や商品情報、クーポン等を配信しプロモーションするという流れなので、メイン機能や施策にはあまり大差は無いようです。
それぞれの最大の違いは費用になります。
LINE公式アカウント
初期費用:800万円~
月額費用:250万~
オリジナルスタンプ配信費:2000万~
LINE@
初期費用:5400円(キャンペーン中は無料)
月額費用:5400円(最大3ヶ月無料)
コストを見ると、LINE公式アカウントの導入費用は高額に設定されているのに対し、LINE@は手軽に始められそうですね。費用感にはかなり差がありますが、それぞれ具体的なサービスにどんな違いがあるのか見ていきましょう。

LINE公式アカウントとLINE@の共通サービス

  • メッセージ投稿
メッセージを作成し、友だちになってくれたユーザーに写真やテキストを送ることが出来ます。
メッセージ
  • 1:1トーク
ユーザーと1:1でトークすることが出来ます。
トーク
  • アカウントページ
LINE内に専用のホームページを持つことが出来ます。
アカウントページ
  • タイムライン・ホーム
タイムラインで不特定多数のユーザーに向けて情報を届けることが出来ます。
タイムライン
  • クーポン機能
クーポンを作成し、販促に繋げることができます。
クーポン
  • リサーチページ

アンケートや人気投票のようなユーザー参加型コンテンツを配信できます。

リサーチ

このように、LINE@でもほとんどのメイン機能を活用できることがわかります。

LINE@の導入事例を見てみると、スマホ世代へのリーチ拡大やクーポンの開封率の向上など、プロモーションに成功している企業様もたくさんあるようです。

事例紹介:LINE@公式ブログ
それでは、LINE公式アカウントでしか出来ないことを以下にまとめてみます。

LINE公式アカウントでしか出来ないサービス

  • LINEアプリ上の【公式アカウント一覧】への表示
  • LINE公式ブログ上の掲載
  • スポンサードスタンプの配信
  • ON-AIR機能
ON-AIR機能とは:LINE公式アカウントが一定期間、ラジオの“オンエア”のような状態になり、ファンからの意見・質問・メッセージを受信することができるような機能

友だち追加で無料スタンプが貰えるというプロモーションは、LINE公式アカウントのサービスということになりますね。

また、LINE@の制限としては、
  • 友達の上限が1万人まで(1万人以上は別プランが発生)
  • 実店舗を持つ企業のみ(ECサイトなどのサービスの企業は導入不可)
というようなものがあるようです。

まとめ

LINE公式アカウントとLINE@を比較してみると、プロモーションの大枠に差異はあまりないため、プロモーションの規模に応じて適宜選択するのが良さそうです。ただしLINE公式アカウントは、導入費用がかなり高額なのでブランディング目的の大手企業向きといえそうです。

新しいwebプロモーションを施策に取り入れたいという広告主様は、テストマーケティング的にLINE@を試してみるのも良いかもしれませんね。

LINEの運用型広告についても、今後情報が公開されましたら後ほどご紹介できればと思います。

手呂内でした。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ