リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

Google マップに表示される検索広告に対する変更


こんにちは、矢内です。

先日、Googleさんから興味深いメールが来ていたので、そのご紹介をしたいと思います。
表題の通り、「Google マップに表示される検索広告に対する変更」についてです。

変更内容

Google マップに表示される検索広告に対する変更は下記のようなります。

  • 掲載先ネットワークから検索パートナーを除外している場合でも、住所表示オプションを使った広告が Google マップに表示される可能性がある。
  • Google マップに表示される広告では住所表示オプションが必須となり、ウェブサイトにリンクする標準のテキスト広告は、Google マップには表示されなくなる。

 抜粋

下記メールの抜粋となります。
Google マップは検索パートナーとしての役割を越え、今や Google 検索サイトの中核を担うようになりました。今後は掲載先ネットワークから検索パートナーを除外している場合でも、住所表示オプションを使った広告が Google マップに表示される可能性があります。
この変更に伴い、Google マップに表示される広告では住所表示オプションが必須となり、ウェブサイトにリンクする標準のテキスト広告は、Google マップには表示されなくなります。
これらの変更は、より関連性の高い広告をGoogle マップにシームレスに表示するための措置ということです。

変更前は?

検索広告は、住所表示オプションを設定しなくても Google マップに表示できます。
(設定した方が表示回数は多くなる傾向があります。 住所表示オプションが必須になるのは、地図上に広告を表示したい場合のみです。)

また、Google マップに広告を表示するには、キャンペーンのネットワーク設定で、Google の検索パートナーを広告の掲載対象に設定する必要もあります。
(反対に、検索パートナーを除外していれば、Google マップに広告は表示されませんでした。)

いつ変更されるの?

Google マップ Android アプリを皮切りに、PC サイトと iOS アプリにも、本年中に変更を適用していくとのこと。
どうやらメールの内容を見ると、Google マップ Android アプリは19日までには変更がなされそうです。

変更後の考えられる影響

 この変更により、どのような影響が考えられるかまとめました。
  • キャンペーンの掲載先ネットワークから検索パートナーを除外している場合でも、住所表示オプションを使った広告が、Google マップの関連するローカル検索結果に表示される可能性があるので、広告の表示回数やクリック数の増加が見込まれる。
  • すでに表示しているアカウントでは、表示のされ方が異なってくるので、CTRやCVR等の変化が出てくる可能性が考えられる。

おまけ

Google AdWordsの管理画面で、広告表示オプション→住所表示オプションで見れるデータは、
マップ上の実績は関係なく、あくまで検索広告の下に表示されている住所表示オプションの実績ということです。

キャンペーン管理 – Google AdWords02

まとめ

仕様の変更が行われるということは、程度の差はあれど少なからず影響は出てくるものだと思います。
事前にそのことを知っているのと知らないのでは、その後の対応等が変わってくると思いますので、情報は先取り、そして有効に使いたいですね。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ