リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

イベント前後は思わぬクエリに気をつけよう!《リスティング広告》


みなさん、こんにちは。
今年のゴールデンウイークは7連休です!ふらっと海外にでも行きたいですね~。

本日はクリスマス、バレンタイン、ホワイトデー、お正月、お盆など、前もって分かっているイベント前後のクエリには注意しましょうというお話です。

先日のホワイトデーで

直近でいうと、ホワイトデーがありましたね。
渋谷では革命的非モテ同盟がホワイトデー粉砕デモを決行したようですが、やっぱりいただけると嬉しいものです。

さて、以下はホワイトデー前後のとあるアカウントのクエリです。

キャプチャ

このアカウントの商材は「ホームページ制作」で、特にEC系を得意としているのでキーワードとして
「通販サイト 制作」など「通販」関連の部分一致を登録していました。

今までも「○○ 通販」といった通販サイトを探しているユーザーの流入は多少あったものの、3/12に突然現れたこのクエリ。今回大量発生したのは「女性向け腕時計のブランド名×通販」というものでした。
このタイミングなのでホワイトデーのプレゼント探しと考えられます。

最近クエリの反映が早くなったものの、運の悪いことに土日だったため除外できたのは3/14。2日間、このクエリが流入することとなりました。

ただ疑問なのは、メディア露出があったわけでは無くそこまで有名でもない(少なくとも私は知らなかった)ブランドがなぜいきなり?というところです。Googleトレンドを見てもはねておらず、ロボットかとも思いましたが、今のところ無効クリックでの返金にはなっていません。
個人なのであれば同一人物の可能性が高いですが解析ツールも入れてないので、なぜなのかは結局解明できませんでした。

まとめ

ここまで顕著ではないですが、このアカウントはクリスマスにも似たようなことがあったので注視していました。長年運用していて除外もやり込んでいても、世間の動き次第で急に思わぬクエリが発生することはよくあります。

イベント時もそうですが、重大ニュースが起こったときも「自分が運用しているアカウントに何か影響はないか」と考える癖をつけれるといいですね。
とりあえず美容クリニックのアカウントからは「詐欺」、保育士求人のアカウントからは「日本死ね」を除外しておきました!



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック