リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

【AdWords】油断していると痛い目にあうサイトの免責事項の記述


皆さん、こんにちは。
今回はAdWords広告配信で、広告審査落ちとなる理由の一つ「免責事項」の記述についてお話します。

油断していると痛い目にあう

免責事項とは、その名の通り「商品やサービスの提供者が、不測の事態が生じた場合に責任を免れる事項」になります。AdWordsでは、広告リンク先に設定しているサイトに「免責事項」に該当する記述が無いと判断されると、商材によっては広告配信が強制停止されます。

そんなの当然でしょ!という方は多々いるとは思いますが、最近、AdWordsの審査基準が変わった(かもしれない)傾向にあるため、改めて、見直されることを強くオススメします。

(余談ですが、私の担当する医療以外で体に効果・効能を及ぼす商材のクライアント様で複数強制停止が発生したため、このジャンルは要注意です!)

確認・対応方法

ご存知かと思いますが、確認方法と対応について簡単に記します。

○確認方法
①:「広告タブ」にて、広告配信が強制停止したサイトを、リンク先に設定した広告 および 広告グループ、キャンペーン単位で確認すると、全て下図のようなステータスになっています。
0000
②:「表示項目」の変更から「属性」>「ポリシーの詳細」を選択して、表示項目に追加
0001
③:項目追加した「ポリシーの詳細」に、下図のような内容でエラーとなっていた場合、「免責事項」による理由で審査落ちしている可能性が非常に高いです。他にも様々な理由で停止している可能性があるため、Googleサポートセンターに問い合わせしたほうがより良いです。
0002

○対応
対応自体はシンプルで、「免責事項」をサイトの分かるところに記載するだけです。私の場合、「効能には個人差があります。」といった表現を追加したところ、全てのクライアント様で広告配信を再開することが出来ました。※もともとそういった免責事項は記載していたのですが、「メニュー」や「お客様の声」などといったページの、より目立つところに記載。

ただし、上記のサイト修正だけしても広告配信は再開出来ません。修正後に、下記URLの専用フォームから広告審査の申請を出し、審査が通過することで配信が再開されます。

https://support.google.com/adwords/contact/site_policy?hl=ja

まとめ

私自身、こういったポリシーには気を配って、広告配信を心がけたつもりでした。ただ、今回の件で、まだ審査落ちしていないけど、その可能性が大きいクライアント様のサイト見直し・準備をする良い機会ができました。

みなさまもこういった原因で強制停止になる可能性はあると思いますので、「一度チェックしたから大丈夫」ではなく、可能性が大きいクライアント様のサイトについては、改めて見直しておき、強制停止にならないように事前対策されたほうが良いのではないでしょうか。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Facebookもチェック