リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

「サイトのCVRは変わらない」は果たしてそうなのか?《リスティング広告》


リスティングはサイトに連れてくるまでが仕事。CVRはサイトの出来による」といった話をちらほらと聞きます。
確かに、「このサイトじゃ、なかなかCV取れないよな・・・」と思うこともよくあります。

キーワードや広告文の精査が進んでいるアカウントにおいて、その先リスティングの力だけでCVRが大きく伸びる、ということはあまりありません

CPAもCV数も目標値はクリアしてるけど、できればもっとCV数を伸ばしたい(もちろんCPAは維持したまま)。
じゃあどうするのか?
サイトの改善案を出してサイトを良くしてもらおう!

でもその前に・・・

もちろん改善案を出すことは良いことですが、サイトの修正には「時間とお金」がかかります。
まず、「リンク先は、今のページがベストなのか」を考えてみてください。全部トップページに飛ばしてる、なんてことありませんか?
結果的にトップページが良い」のであればいいですが、リンク先のテストを行わずにひたすらトップページに飛ばしているのであれば、CV増加の可能性を潰していることになります。

リンク先テストの実例

以下はとあるECサイトのリンク先テスト結果です。

キャプチャ

(CVRが伸びた事例を紹介したかったのですが・・・)

このアカウントは2ヶ月ほどトップページに、その後1ヶ月ほどカテゴリページに飛ばしていました。

トップページはイメージ重視の作りだったので、商品を選択しやすいカテゴリページに変更したのですが、CPAが悪化するという結果になってしまいました。
この結果を踏まえ現在はトップページに飛ばしています。「結果的にトップページが良い」事例でした。

まとめ

上記のように、同じサイト内でもページによってCVRは大きく変わります。
「CVRはリスティングではどうしようもないから」と諦める前に、サイト内で一番CVRの良いページはどこかを探ってみることも重要です。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック