リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

リスティング広告でのKPI設定のコツ

66c19942ab4ba346fdb64ccc04cde373-625x151

リスティング広告の運用上、KPIを決めるということは非常に重要です。

KPIというのはKey Performance Indicatorの略でして、重要業績指標という意味からWEB業界でも目標とする指標に対して使われる言葉です。

要は、目標数値を決めて運用しなきゃだめだよね、って話ですね。例えば、CPAは5000円以下にしよう!とかCV数を100にしよう!とかそういうことです。当たり前の話ですが非常に重要です。

KPIが重要な理由は?

先日、リスティング広告を利用する最大のメリットを1つだけ挙げるなら?というタイトルで記事を書かせて頂きましたが、リスティング広告の最大のメリットは「結果が全て数字で出ること」であると思います。

ただそれだけでは何にもなりませんので、やはりどこに数字を向かわせれば良いかという目標を決めて初めて、結果が数字で出ることに意味を持たせることができます。

そして他の記事にも記載しましたが、リスティング広告の各数値には関連性がありますので、KPIをうまく決めると、そのために必要な作業が分かり具体的なアクションへ移行しやすくなります。

参考:ロジックツリーについて

決め方のコツとかあるの?

しかし、リスティング広告の管理画面にはたくさんの数字がありすぎてよく分からなかったりします。

キャプチャ

CPC、CTR、CVR、インプレッション数、CVs、平均掲載順位、インプレッションシェアなどなど・・・・・

最初の段階でうまくKPIを決めるコツとしては、目的をひとつに絞ってひとつだけKPIを設定するということです。

どの数値も改善しようとするとかえってよく分からなくなったり、KPIによってとるべき行動が変わったりします。

KPIが違うと何が変わるの?

では、CPCを例に取ってみます。通常CPCって上げたいでしょうか?下げたいでしょうか?

普通は下げたい、という方が多いんでしょうけど、実はこれってKPIが違うと変わってきてしまうことがあります。

例えば、CPAを〇〇円まで下げたいというKPIの場合、CPCはどちらかと言えば下げたい指標になることが多いです。

しかし、CV数を〇〇件まで増やしたいというKPIの場合、まずアクセスを増やさなければならないのでCPCだけで見れば上げるという対策もありだったりします。

このようにKPIが違えば、各指標を上げるか下げるかが変わってきてしまいます

どうやって決めるのがいい?

上述もしましたが、まずこの期間はこれをやる!と決めてひとつだけKPIを決めると良いと思います。

この段階ではそのKPIを達成するということだけを目標に動き、それ以外は考えないくらいのほうが良いかもしれません。

そしてそれが達成されたり、状況が変わって他の指標が大事になった場合には、またKPIを新たにひとつ決めると良いと思います。

まとめ

あの数値もこの数値も改善したい!と考えていくと何もやっているのかよく分からなかくなったりすることが多いので、まずはできるだけシンプルに順序立てて考えてひとつKPIを設定し、その上で運用していくことがKPI設定のポイントだと思います。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック