リスティング広告代行の専門会社|Yahoo!プロモーション広告・Google AdWords完全対応|東京・大阪・名古屋

リスティング広告の運用方針を定めていますか?


突然ですが、こんな状況に陥ったことはないですか?

どうにもこうにもアカウントのパフォーマンスが悪く、管理画面を見る度にここも悪い、あそこも悪いという箇所が見つかってしまう。
しかし時間も無いし全てに対応することは難しい。困ったな。

なぜこんなことになってしまうのでしょうか?

それは、運用方針が定まっていないからです。

運用方針を定めて運用をしていますか?

以下の様なことを運用方針と勘違いしているケースがあります。

  • CPAを5,000円以内にする
  • CVsを月間100獲得する

これは運用方針ではなく運用目的です。

運用方針は運用目的を達成するための具体的な方法であるべきです。

例えばこんな感じです。

  • 運用目的はCPAを5,000円以内に抑えることだ。
  • CPAを5,000円以内にするためにはCVRが変わらない前提とすると、CPCを50円以内にしなくてなならない。
  • ということは、現状のCPCを2割ほど下げる必要がる。
  • ということは、過去3ヶ月分のCV状況を見てCVに繋がっていないKWは入札価格下げるor抑制する必要がある。
  • さらに、CVがとれているKWでも掲載順位が高すぎるものは若干入札価格を抑えCPCを落とすと共にCVの付き具合を慎重に監視しよう。

運用方針は運用目的から逆算した運用目的を達成するために最も効果的であるだろう具体的な手段ということです。

ここで気を付けなくてはならないことは、運用方針通りに行動しても必ずしも運用目的を達成できるとは限らないということです。

運用方針はあくまで短中期的な行動を示すもので、数々の運用方針を実施し成功、失敗、微調整を繰り返し積み上げていくことで運用目的が達成できるのです。

まとめ

運用方針がしっかりと定まっていれば冒頭で書いたような管理画面を見て右往左往するようなことは無くなるはずです。

本当に熟練してくると、管理画面を開く前に「だいたいこんな数値になってるんじゃね?」と予測し、実際管理画面を開いて自分の予測数値との乖離具合から何かを気づくようなこともあります。

ともあれ、リスティング広告運用者としては、運用目的達成のためにより効果的な運用方針を立案できるように日々努力を重ねていきましょう!



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

無料メルマガ

登録はたったの5秒!一週間分のコラムを毎週月曜にメールでお届けします。

Facebookもチェック