リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

TikTok広告の種類とターゲティングの一覧を公開!弊社独自の配信事例もあわせて公開

TikTok広告 一覧
  • TikTok広告の種類や、ターゲティングを一覧で知りたい!
  • TikTok広告の相場観も一緒に理解したい!

という方にとっては最適な記事になっています。

TikTok広告には、様々な広告メニューの種類とターゲティングが存在します。
どれもTikTok広告ならではのもので、はじめは理解しにくいものもあるかもしれませんが、この記事を読むことで、全体的な理解がしっかり深まるようになっています。

ぜひ最後まで読んで、自社で使える広告のメニューやターゲティングの種類があるか確かめてみてください!

TikTok広告についてのまとめ記事はコチラ⇩
【2022年最新版】TikTok広告とは?種類・相場・メリットなど徹底解説!

1.TikTok広告の種類

TikTok広告には大きく分けて、以下の4つの種類が存在します。

  • 起動画面広告
  • チャレンジ広告
  • インフィード広告
  • 運用型広告

一覧の表にすると、以下のようになります。

広告の種類 特徴 価格相場
起動画面広告 ・TikTokのアプリ起動画面に表示される広告
・起動時に表示されるので、広く認知拡大に最適
・1日に限定した枠しか配信できず、高額。
約500~600万円
チャレンジ広告 ・企業側が独自の「#」を設定し、ユーザー参加型の広告
・「バズる」を狙いやすく、広く認知拡大に最適
・費用が多くかかってしまう
約1,000万円
インフィード広告 ・一般の投稿に自然と溶け込みやすく、広告と気づきにくい
・シェア機能もあり、拡散が見込める
約50万円
運用型広告 ・一般投稿に溶け込みやすく、ターゲティングも設定可能
・費用は少額からスタートでき、自由度が高い
・運用型なので、知識がないと難しい
※1

※1:キャンペーン単位では5000円/日、広告セット単位では2,000円/日と最低額が決まっています。

この中で、起動画面広告、チャレンジ広告、インフィード広告を出稿するには、まずはTikTokの公式サイトへ問い合わせが必要です。

運用型広告の場合は、TikTok For Businessに自身で登録し、広告出稿を行います。

それぞれについて、詳しく解説します。

起動画面広告

TikTok広告の起動画面広告

起動画面広告は、TikTokアプリの起動時に表示される広告です。

起動したユーザー全員に広告を見てもらえる点が大きなメリットといえます。また、広告内にリンクを設置して自社のホームページに誘導も可能です。

費用体系はインプレッション課金型で、現状では1,000impに対して770円ほどとなっており、費用相場は約500~600万円です。

1日に限定された枠しか配信できないため、高額で、枠が確保しづらいといったデメリットがありますが、その分絶大な効果が期待できるでしょう。

短期で多くのユーザーにアプローチしたい場合におすすめです。

チャレンジ広告

TikTok広告のチャレンジ広告

チャレンジ広告は、テーマとなる「#」(ハッシュタグ)を企業側が用意し、そのハッシュタグに合わせた動画をユーザーが投稿する「ユーザー参加型」の広告です。

ユーザーが自主的にチャレンジして投稿するスタイルのため、自然拡散やバズる可能性の高い点がメリットです。

また、企業とユーザーとの一体感が生まれやすく、ファンを獲得しやすいといった特徴もあります。

期間契約となっており、費用相場としてはベーシックプランで1,000万円ほどとかなり高額ですが、企業の認知度や好感度が向上する効果が見込めるでしょう。

中長期的に多くのユーザーにアプローチしたい場合におすすめです。

インフィード広告

TikTok広告のインフィード広告

インフィード広告は、投稿欄の「おすすめ」に表示される広告です。

一般投稿と同様の掲載スタイルとなるため、広告だと気づかれない場合も多く、「いいね」やコメントが得られやすいといった特徴があります。

ユーザーからのダイレクトな反応が確認できるのはもちろん、「シェア」による拡散性もメリットです。

利用プランによって大きく費用が異なりますが、42万円(グロス)からの広告が可能で、費用相場は約50万円です。

50万円ほどの広告費では60万のインプレッションを生み出せるため、コストパフォーマンスの高さが魅力だといえます。

運用型広告

運用型広告は、ユーザーの一般投稿にブレンドする形で表示される広告です。

詳細なターゲティング設定が可能で、広告に合わせていくつかの課金方式から選んで運用することができます。

また、予算設定については、運用型広告は、日予算・通算予算という概念があり、スケジュールとセットで設定します。

課金方式には主に以下の3つがあります。

  • 広告をクリックされるごとに料金が発生する「クリック課金型」
  • 表示されるごとに料金が発生する「インプレッション課金型」
  • 広告動画を設定したラインまで視聴されるごとに料金が発生する「再生課金型」

それぞれにメリット・デメリットがあるので、目的とマッチした適切な選択が必要です。

費用相場は選んだ課金方式によりますが、少額からスタートできるため、初めてTikTok広告を出す場合に検討したい広告だといえるでしょう。

注意点

特に運用型広告についての話になりますが、運用型広告は「Google広告」や「Yahoo!広告」などと同じく、自分で様々な項目を設定して配信をしなければなりません!

効果を出すには、それ相応の勉強をするか、プロのテクニックが必要なので、独学で難しい場合はしっかりと代理店に相談して運用をしましょう!

特にTikTok広告は「クリエイティブ」が非常に重要なので、制作会社も含めてうまく選定しましょう。

2.TikTok広告のターゲティングの種類

TikTok広告のターゲティングには、大きく分けて下記の4種類があります。

  • デモグラフィック
  • ユーザーリスト
  • 興味&行動
  • デバイス

一覧にすると、以下のようになります。

ターゲティング 特徴
デモグラフィック ・年齢や性別はもちろん、地域や言語などのユーザーの属性を選択
ユーザーリスト ・「カスタムオーディエンス」「類似ターゲティング」が利用可能
・自社サイトに訪れたことのあるユーザーの「リスト」を作成でき、それを元に配信が可能
興味&行動 ・ユーザーのTikTokアプリ内での行動などを元に判断された興味関心やユーザーの行動をターゲティングできる機能
デバイス ・ユーザーが使用しているデバイスを細かく指定して配信可能

それぞれについて以下で詳しく解説します。

デモグラフィック

デモグラフィックとは、いわゆる「ユーザー属性」です。

デモグラフィックで設定を行うのは、性別・年齢・ロケーション(地域)・言語の4つの項目になります。

性別は、男性・女性・無制限、年齢は、13~17歳・18~24歳・25~34歳・35~44歳・45~54歳・55歳以上・無制限、ロケーションは、国・都道府県から、それぞれ選択が可能です。

言語は、アプリの言語設定に基づいてターゲティングされます。

TikTokアプリでは、ユーザーはプロフィールとして生年月日(年齢)を設定しており、言語に関しても、使用しているデバイスによって設定済みです。

つまり、上記の4つの項目のうち、「年齢」と「言語」はすでにターゲティングされているといえます。

ユーザーリスト

ユーザーリストには、「カスタムオーディエンス」と「類似オーディエンス」の2種類があります。

それぞれの特徴は下記のとおりです。

カスタムオーディエンス

自社サイトへの訪問や広告のクリックなど、これまでに接触したことのあるユーザーのリストを作成し、そのリスト内に含まれるユーザーに広告を配信します。

類似オーディエンス

カスタムオーディエンスのリストをもとにして、リスト内に含まれるユーザーに類似したユーザーにも広告を配信します。

これまでに接触したことのないユーザーにも広告配信が可能です。

これらを広告セットの「ユーザーリスト」の項目で指定することで、ターゲティングに利用できます。

また、ユーザーリストの使用可否が選択できるため、見込みのないユーザーには広告を配信しないといったことも可能です。

興味&行動

TikTokユーザーのアプリ内の行動などをもとにして判断された興味関心や、アプリ内での行動自体をターゲティングできます。

「興味関心ターゲティング」と「行動ターゲティング」に分けられ、さらに行動ターゲティングには3種類があります。

それぞれ説明します。

興味関心ターゲティング

興味関心カテゴリーの中からターゲティングしたいジャンルを選択することで、それに関連する事柄に興味関心があると判断されたユーザーへ広告が配信されます。

カテゴリーはいくつかの階層になっており、上位のカテゴリーを選択するとそこに含まれるカテゴリーすべてを一括で選べるのはもちろん、下位カテゴリーだけを選択することも可能です。

興味関心カテゴリーには、下記全20種の上位カテゴリーがあります。

  • ビジネスサービス
  • 教育
  • 携帯電話/パソコン
  • eコマース(非アプリ)
  • 車両&輸送手段
  • デジタル家電
  • 旅行
  • ゲーム
  • メークアップ/スキンケア
  • アウトドアスポーツ
  • ペット
  • ニュースデータ
  • 金融
  • ファッション/靴/帽子/カバン
  • 飲食・グルメ
  • 家の改装
  • アプリケーション
  • 日常生活サービス
  • マタニティ・ベビー
  • 家庭用品

行動ターゲティング

行動ターゲティングでは、TikTokユーザーのアプリ内行動を指定し、特定の行動を行ったユーザーに対してターゲティングします。

特定の行動として、「動画インタラクション」や「クリエイターインタラクション」、「ハッシュタグインタラクション」の3種類があるので、それぞれ説明していきます。

動画インタラクション

過去7日間または15日間で、広告以外の特定のカテゴリーの動画に行動を起こしたユーザーをターゲティングします。

行動には、動画視聴完了、いいね、コメント、シェアがあり、この中から1種類以上の選択が可能です。

動画インタラクションにも「パフォーマンス」や「才能」「自然」など12種類の上位カテゴリーがあり、あらかじめ選んでおくことができます。

クリエイターインタラクション

動画インタラクション同様、クリエイターのタイプをカテゴリーの中から選択して設定します。

動画コンテンツに対してではなく、クリエイター(TikTokユーザー)に対しての行動を行ったユーザーに配信する点が動画インタラクションとの違いです。

クリエイターインタラクションにも「ゲーム」や「モチベーションとアドバイス」「DIYとライフハック」「ファッションと美容」など28種類の上位カテゴリーが存在します。

ハッシュタグインタラクション

指定したハッシュタグが付いている動画を視聴したユーザーをターゲティングします。

ハッシュタグインタラクションは、管理画面のターゲティング編集画面で検索し、表示された結果の中から選択する仕組みです。

そのため、希望のハッシュタグが表示されにくい場合は、言い換えや文字の一部での再検索が必要になります。

デバイス

ユーザーが使用しているデバイスの条件を指定して、ターゲティングの設定ができます。

「システムバージョン」「デバイスモデル」「通信環境」「キャリア」「デバイス価格」の5種類でのターゲティング設定が可能です。

注意点

TikTok広告のターゲティングでは、「あまり絞りすぎない」ということが大切です。

最近のターゲティング機能は非常に優秀なので、場合によってはターゲティングをしない、「ブロード配信」で多くの獲得を得られることもあります。

ターゲティングについても自社で難しい場合は、しっかりとプロの手を借りて運用を進めましょう!

TikTok広告の出稿方法についての解説はコチラ⇩
TikTok広告は6ステップで出稿できる!準備するものや注意点もあわせて解説

当社のTikTok広告実績について

ここでは当社のTikTok広告実績として、とある飲食店様の事例をご紹介します。

TikTok広告の運用事例

背景

居酒屋を経営されるクライアント様より、新規店舗OPEN時に、メインターゲットである若者向けの配信依頼をいただきました。

  • 月額運用のご予算:3.5万円
  • 媒体:TikTok広告

ご提案内容

当社では、クライアント様のメインターゲットである若者層が気軽に来店できるように広告設計をいたしました。

クリエイティブ面は、若者向けの店舗内装やメニュー、フレンドリーで気さくなスタッフさんなど「好印象・興味を惹く」という点を意識して制作。

また、月額のご予算に合わせてターゲティングの絞込みを行い、OPEN前の告知と併せて、事前予約獲得につなげるようなご提案をさせていただきました。

広告配信結果

明確に来店者層と想定されるターゲットに対して配信したところ、非常に高いクリック率を保ちながら、成果にもつながりました!

  • 実施施策概要:ターゲティングの絞込み
  • 単月成果:CTR22%、CV49件を獲得
  • 表示回数:272,324

クリック単価の安さにより、表示・クリックをコスト以上に確保できた結果、成果につながった事例です。

まとめ

今回は、TikTok広告の「種類」と「ターゲティング」の一覧について解説しました。

TikTok広告はまだまだブルーオーシャンで、うまく活用できれば「認知拡大」だけではなく、「獲得数のUP」を狙うことができます!

今回の記事を参考に、ぜひTikTok広告の全体像をざっくりと理解して、配信に役立てていただければ幸いです。

 

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

カルテットコミュニケーションズ編集部。実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事