リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

トークリストの最上部に広告掲載できる!LINE広告Talk Head Viewについて

公開日:
更新日:
LINE広告

LINE広告では、ユーザーが最も目にするトークリスト最上部への広告出稿できる「Talk Head View」という広告メニューが用意されています。

本記事では、Talk Head Viewについて紹介します。

LINE広告についてまとめた記事はこちら!
【2022年最新版】LINE広告とは?LINE広告の特徴やメリットなどを徹底解説!

Talk Head Viewとは?

Talk Head Viewは、LINEのトークリストの最上部に広告を出稿できる配信メニューです。

トークリストの最上部の枠に限定して広告配信できるメニューは、以下の2つあります。

  • Talk Head View
  • Talk Head View Custom

どちらもトークリスト最上部へ掲載するという点と、掲載フォーマット(動画+静止画、静止画のみの2種)は同じです。

Talk Head View、Talk Head View Customの各特徴について

LINE広告

Talk Head View、Talk Head View Customともに掲載面やフォーマットは同じですが、それぞれの特徴について紹介します。

Talk Head View

予約型のメニューで、広告掲載をする日付、ターゲットとなる性別を指定して配信することができます。

設定した日でトークヘッド最上部に必ず広告掲載できるため、リーチ力を活かせることがメリットです Talk Head Viewには、以下の4つのプランが用意されています。

  • 1Day Lite
  • 1Day Half
  • 1Day ALL 性別ターゲティング
  • 1Day ALL

平日・土日祝日、全日・半日など配信日が選べたり、性別ターゲティングも行うことができる上、予算に合わせた配信設定が可能です。

Talk Head View Custom

運用型のメニューで、ターゲティングや配信期間、入札など柔軟な設計ができます。

また、掲載場所はトークリスト最上部ですが、オークション方法やターゲティングなどの基本設定はLINE広告に則っていることも特徴です。

そのため、配信量は保証されるものではなく設定によって変動する可能性があることは注意点が必要でしょう。

最低出稿料金については、50万円からとTalk Head Viewに比べて少額から始められるメニューになります。

まとめ

今回は、Talk Head View について紹介しました。

Talk Head View は、トラフィックの多い配信面に広告掲載できるため、認知拡大にもつながります。 ぜひ今後の広告運用にお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

WEB広告(リスティング広告・ディスプレイ広告・SNS広告)・SEO・データ分析・SNS運用など、WEBマーケティングに精通したメンバーが執筆。

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!

同じカテゴリの最近の記事