リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

LINE広告の主なターゲティングと配信機能を詳しく紹介

次々と新たなターゲティングが追加されているLINE広告では、ユーザー層や目的に応じて多種多様な配信機能が用意されています。

最新ターゲットの把握や、ターゲットのイメージをより明確化したい方は、本記事で紹介する4つの配信機能を参考にして頂ければ幸いです。

  • オーディエンスセグメント配信
  • オーディエンス配信
  • 類似配信
  • 友だち追加

オーディエンスセグメント配信

オーディエンスセグメント配信は、LINEユーザーの「みなし属性」や「購買経験」のデータを参考にして広告を設定、そして配信をします。

みなし属性とは、LINE ファミリーサービス内での、LINE ユーザーが登録した性別、年代、エリア情報とユーザーの⾏動履歴、 LINE 内コンテンツの閲覧傾向や LINE 内の広告接触情報を分類したものです。

配信設定のターゲティングセグメントには、以下項目があります。

  • 地域
  • 性別
  • 年齢
  • 興味
  • 関心
  • 行動
  • 属性
  • OS
  • 詳細ターゲティング

詳細ターゲティングの配信は、ユーザーの「趣味・関心」、「行動」、「属性」、「購買意向」を細かく指定、または除外することができます。

ユーザーの関心度が高いセグメントを選び、的を絞っていくことで、より購入率が高い広告を配信することが可能となります。

オーディエンス配信

オーディエンス配信は、広告の配信対象者のデータを活用して、特定ユーザーに広告を配信する機能です。

配信可能なオーディエンス対象には以下があります。

  • Webサイトへの訪問履歴のあるユーザー
  • 商品やサービスを初回購入したユーザー
  • ウェブトラフィックオーディエンス
  • LINE公式アカウントの友だちオーディエンス
  • IDFA/AAIDアップロード
  • モバイルアプリオーディエンス
  • 動画視聴オーディエンス
  • 電話番号アップロード
  • メールアドレスアップロード
  • 画像クリックオーディエンス

また、これらの特定オーディエンスを広告配信の対象から外すことも可能です。

類似配信

類似配信はオーディエンス配信対象リストに類似したユーザーや、自社で保有する顧客情報に類似したユーザーをLINE内で新たに探して広告を配信する機能です。

類似配信機能の「オーディエンスサイズ」は、類似度ではなく、類似するユーザーの数を示しています。

管理画面上で表示されるオーディエンスサイズのパーセンテージは、以下の意味となります。

  • パーセンテージが小さい:類似ユーザーに広告を配信できる
  • パーセンテージが大きい:リーチは多いが類似ユーザーの割合が少ない

友だち追加

友だち追加は、LINE広告を通してLINE公式アカウントの友だちを取得する機能です。

友だち追加の大きなメリットは、新規見込み客をLINE公式アカウントに誘導することができることです。

公式アカウントに誘導することで、メッセージ配信などのコミュニケーションをはかり、商品販売やサービスの利用を自然な流れでおこなうことが可能となります。

まとめ

膨大なユーザー数を誇るLINEの広告配信には、明確なターゲティングとそれに付随する配信機能の理解が必要不可欠です。

しかし、ユーザー数が多いからこそ、今回紹介した配信機能をうまく有効活用することで、どのSNS広告媒体よりも大きな成果をあげることができるでしょう。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

カルテットコミュニケーションズ編集部。実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事