リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

ソーシャルコマースの今後と課題とは?Instagram「ショップタブ」廃止の背景も解説

ソーシャルコマース

ここ数年で耳にする機会が増えたソーシャルコマース。本記事では、今後大きな成長のポテンシャルを秘めていると期待されるソーシャルコマースについて解説します。

若年層が支えるソーシャルコマース

中国市場での成功事例をきっかけに、注目をあびるようになったソーシャルコマース。

2021年10月に人気配信者2名が、たった1日でおよそ30億ドル(4,300億円)もの売り上げを達成したことは、世界中に大きな衝撃を与えました。

実は、その売り上げの多くを支えたのが若年層ユーザー。

物心がついた頃からすでにスマートフォンやソーシャルメディアが存在していた若年層世代では、ソーシャルコマースで商品を購入することへのハードルは決して高くはありません。

若年層の多くは年齢とともに購買力が向上することが期待されており、近い将来、ソーシャルコマースはさらに勢いがつくのではないかと考えられています。

Instagramの「ショップタブ」廃止の背景

先日、Instagramが「ショップ」タブを廃止することを発表しました。

この対応について、デジタル広告を専門としている市場調査会社eMarkeerのアナリストは「Instagramはソーシャルコマースから離れるのではなく、むしろソーシャルコマース戦略を調整している。今後は、フィードなどのメインユーザー体験に統合し広告機能に連携させるのではないか」と解説し、ポジティブに捉えています。

ソーシャルメディアの存在がこれほど日常化できている現在では、購買行動の中でSNSが大事な接点を作る役割を今後も果たしていくことは間違いないでしょう。

とはいえ、ソーシャルコマースの各ジャンルに対する温度差は文化圏や国柄によって大きく異なるため、過去に他国で成功した方法を踏襲したところで、必ず成功するわけではない難しさがあります。

ソーシャルコマース戦力の成功のためには

国や業界、企業の規模だけでなく、ターゲット層のデモグラフィックの特性によっても、消費行動には親和性や特異性があり、ソーシャルコマース戦略の成功に多大な影響を与えます。

そのため、過去の成功事例のみを参考にするのではなく、こうした背景を考慮しながら、柔軟に施策を講じることが必要です。

まとめ

Instagram広告今回は、今後さらなるポテンシャルが期待されるソーシャルコマースについてお伝えしました。

ぜひ今後の広告運用にお役立てください。

 

 

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

カルテットコミュニケーションズ編集部。実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事