リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

LINE広告の効果計測に役立つ「LINE Tag」とは?

LINE広告の効果計測には、LINE Tagの設置が必要不可欠です。

本記事では、LINE広告の効果を把握し、広告配信の効果の改善に役立つ、LINE Tagについてご紹介します。

LINE Tag の特徴

LINE Tagは、LINE広告の効果を計測するために有効な機能です。LINE Tagの設置をすれば、広告の効果計測をしたり、ユーザーの行動をプロモーションに活用したりすることができるようになります。

LINE広告の活用するうえで、広告配信の効果を可視化できるLINE Tagの設置は必須といえます。

LINE Tagでは、以下のようなことが計測できます。

ユーザーの行動 LINE広告(または、LINE公式アカウント)からの配信データ、メッセージ開封数、メッセージからサイトへの訪問数の計測
コンバージョン LINE広告(または、LINE公式アカウント)からの購入や申込み、会員登録などの計測

LINE Tagのタグは、LINELINE広告とアカウントで共通の仕様となりますので、共有設定をオンにすることで相互のデータ利用が可能です。

そのため、LINE広告、LINE公式アカウントのどちらか片方のLINE Tagの設定が完了していれば、それぞれLINE Tagの共有設定をオンにすることで、残りのLINE Tagの設置は不要になります。

参考:LINE for Business|【公式】LINE広告の効果を計測する「LINE Tag」の使い方 

LINE Tagの活用例(運用型広告の場合)

ここでは、運用型広告の場合のLINE Tagの活用例を2つご紹介します。

広告の配信効果の計測をする

商品の購入ページや資料の請求ページなどにタグを設置することで、広告経由でのアクセス数のほか、商品の購入数や購入したタイミングが計測することができます。 クリック率や顧客獲得単価を確認しつつ、クリエイティブの変更や入札価格の調整を行い、配信効果の改善するのに有効です。

リターゲティングに必要なオーディエンスリストを作成する

リターゲティングとは、特定のページに訪問したユーザーに対して再度、広告配信するという、オンライン広告の手法の一つです。 LINE Tagをページ内に設置することで広告の配信対象のオーディエンスリストを作成でき、その後の広告の配信対象として活用することが可能になります。

参照:LINE for Business|オーディエンスを使って配信する

まとめ

今回は、LINE広告で役立つLINE Tagについてご紹介しました。

効果計測はオンライン広告運用には欠かせないものになりますので、LINE広告をご利用中の方やこれから導入される方はぜひご活用ください。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ