リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【LINE広告】Talk Head View(トークヘッドビュー)とは?特徴とメリットを解説

LINE広告では、LINEアプリのトークリスト上部に掲載できる「Talk Head View(トークヘッドビュー)」という広告メニューがあります。

本記事では、Talk Head Viewの特徴やメリットについてご紹介します。

Talk Head View(トークヘッドビュー)の特徴

「Talk Head View(トークヘッドビュー)」は、LINEアプリのトークリスト上部に掲載できる動画広告です。

1日1社限定で静止画と動画を掲載でき、ユーザーが静止画バナーをタップすると、動画広告が再生されます。

また、必要に応じて広告を配信するユーザーの性別や年代を指定したり、配信対象のユーザー数を半分にしたりすることも可能です。

画像引用元:LINE for Business 

Talk Head Viewでは、まず静止画の状態で広告を認知してもらい、動画で詳しい商品やサービスの情報を伝えられる仕様になっています。

そのため、ユーザーの理解がより深められるので、利用意向を高めることにもつながります。

Talk Head View(トークヘッドビュー)を活用するメリット

Talk Head Viewを活用するメリットは大きく分けて、以下の2点が挙げられます。

  • 1日約5,500万人に対してリーチが可能
  • コストパフォーマンスが高い

それぞれ以下で詳しく解説します。

1日約5,500万人に対してリーチが可能

Talk Head Viewの大きなメリットは、LINEアプリ内でトークリストの最上部に広告を掲載できることです。

LINEの月間利用者数は8,900万人(LINE Business Guide_202201月-6月期より)で、中でもTalk Head View が掲載されるトークリストは多くのユーザーが利用しています。

Talk Head Viewは1日で5,500万人ものユーザーにリーチ可能なため、多くの企業が自社の商品やサービスの認知獲得を目的に利用しています。

コストパフォーマンスが高い

Talk Head Viewは、ユーザー1人あたりのリーチと広告認知単価の面に注目すると、コストパフォーマンスが高いという点もメリットといえます。

Talk Head Viewを出稿するために必要なコストは4,000万円ですが、そこからリーチが見込めるユーザー数の5,500万人で割ると一人あたり単価は約0.7円となり、低単価でリーチ拡大につなげることが可能です。

また、1日に1社限定で24時間という短い時間のなかで広くリーチが取れるため、新しく立ち上げたサービスやイベントの告知、キャンペーンの開始日などにも活用できます。

まとめ

今回は、LINE広告のTalk Head Viewについてご紹介しました。

Talk Head Viewは、1日1社限定という条件はあるものの、LINEアプリでユーザーが普段利用しているトークリストの最上部に広告を配信できるため、自社の商品やサービスの認知向上を最大化することが可能です。

通常のLINE広告と組み合わせて使うことで大きな効果を発揮できますので、この機会にぜひご相談ください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事