リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【SNS広告】LINE広告のメリットとおすすめな理由について紹介

スマートフォンの普及に伴い、今やSNSは欠かせないコミュニケーションツールとなりました。

Z世代など若い世代は、インターネット検索よりもSNSから情報を得ます。そんな中で急速に需要が高まっているのは、SNS広告です。

今回はSNSの中でも最もユーザー数の多いLINEで利用できるLINE広告のメリットについてご紹介していきます。

そもそもSNS広告とは?

SNS広告とは、LINE、Twitter、Facebook、Instagram、TikTokなどのプラットフォームに配信する広告のことをいいます。

SNS広告の特徴は主に次の2点です。

  • ユーザーがSNSに登録したときの情報や利用傾向などを元に細かなターゲティング設定ができる
  • ユーザーが普段見ているタイムラインに違和感なく広告が表示される

SNS広告は他のWeb広告よりもリーチが見込め、幅広い層にアプローチできるのが強みとなります。

では本題のLINE広告のメリットをご紹介していきます。

LINE広告のメリット

LINEはSNS利用者中83.2%と高い利用率です。(LINE社調べ)

そのLINEに広告を配信することができるLINE広告は、広告の配信機能や配信面も豊富なため、LINE公式アカウントの併用とともに注目されている法人向けサービスになります。

LINE広告のメリットは主に以下の3点です。

  • 豊富な配信面
  • 粒度の高い詳細なターゲティングが可能
  • 目的に合わせた3タイプの自動入札機能が利用可能

様々な場所に配信可能

LINEの広告の配信面は豊富です。

2021年11月時点で広告配信可能な場所は以下の12箇所です。

  • トークリスト
  • LINE VOOM
  • ウォレット
  • LINEマンガ
  • LINEポイント
  • LINE BLOG
  • LINEニュース
  • LINEチラシ
  • LINEクーポン
  • LINEマイカード
  • LINEショッピング
  • LINE広告ネットワーク

ユーザー属性に合わせて柔軟に広告配信ができます。

粒度の高い詳細なターゲティングが可能

LINE広告では、性別、年齢などの属性や行動や興味・関心など「みなし属性」を利用したターゲティング機能が豊富にあります。

購入経験のあるユーザーに類似したユーザーをターゲットとして設定することも可能であり、効率的に広告を配信することが可能です。

目的に合わせた3タイプの自動入札機能が利用可能

LINE広告の自動入札は、大きく3つのタイプから自動入札を選択できます。

  • バランス型:1日の予算を守りながら効率を最大化する
  • 効率重視型:1日の予算の消化よりも広告配信効率を重視する
  • 予算消化重視型:1日の予算消化を最優先に広告配信を行う

適切に入札戦略を選択することでコンバージョンの獲得が見込めます。

まとめ

今回は、LINE広告のメリットをご紹介しました。LINEはSNS利用者の中でも8割以上の高い利用率を誇ります。

その中でも「他のSNSを利用していないがLINEだけは利用している」というユーザーが半数近くを占めており、これまでリーチできていなかったユーザーにもアプローチできるメリットがあります。

この機会に活用してみてはいかがでしょうか。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ