リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

<LINEリサーチの新機能>調査データに「興味・関心」項目追加されました

2021年9月29日にLINEリサーチに、「興味・関心」項目の追加がされました。今回は追加された、「興味・関心」項目の内容とメリットについてご紹介します。

LINEリサーチについてよくわからない!という方は下記の記事をご覧ください。

LINEリサーチとは?特長と主なサービスについて解説

広告ターゲティング用「趣味・関心」項目を無償付与

繰り返しになりますが、LINEリサーチの調査データに、LINE広告のターゲティング配信設定の「趣味・関心」項目を無償付与されることになりました。

追加された背景として、広告戦略を立てる際には市場調査などを行い、ターゲットとする顧客層、ペルソナ、最も効果的なアピールポイントなどを事前に明確にしていく必要があります。

しかし、広告配信の段階で「広告媒体のターゲット設定に期待するカテゴリがなかった」「分析結果で期待した方向性に若干ブレがでてしまった」など、結果的に性別・年代の基本属性での広告配信をすることになり、当初の広告プランニングが思うようにいかなかったという経験はあるかと思います。

今回付与されるLINE広告のターゲティング配信設定の「趣味・関心」項目は、そういった齟齬を解消するためにできた機能になります。

追加される「興味・関心」の18項目

LINE広告のターゲティング配信設定の「興味・関心」は以下の18項目です。

無償付与される「趣味・関心」の18項目は、実際にLINE広告の配信カテゴリに使われているものになります。

この項目に、自社の顧客分類をかけ合わせて分析することで、多くのターゲット層が分布する配信カテゴリを特定できます。

そのため、LINE広告が出稿先の場合、調査結果で狙った顧客層に向けた効果的な広告配信が見込めます。

また、大きな特徴の一つに「LINEのプラットフォーム内で情報連携を活かしたものであるため、広告IDの再認証やCookie規制の影響は受けない」という点があげられます。

まとめ

今回は、LINEリサーチの新機能についてご紹介しました。

LINE広告をご利用中の方にとっては嬉しい新機能になりますね。この機会にぜひLINEリサーチをご活用ください。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ