リスティング広告正規代理店|Yahoo!プロモーション広告・Google広告完全対応|東京・大阪・名古屋

【SmartNews Ads】ウェブサイトコンバージョンの計測方法(GTM編)


みなさんこんにちは。

今回はSmartNews AdsのGTMでのコンバージョン計測方法についてご紹介します。前回の記事で直貼りでの設定方法をご紹介していますので、こちらもご一読いただけますと幸いです。

・【SmartNews Ads】ウェブサイトコンバージョンの計測方法(直貼り編)

計測に必要なコード

前回のおさらいも兼ねてですが、コンバージョン計測には以下2つのコードが必要です。

  • Pixel ID
  • コンバージョンタグ

各タグの発行方法は前述の直貼り編に記載していますので、ご確認ください。

設定方法

それでは、GTMでのコンバージョン計測設定の手順についてご紹介します。

Pixel IDの設定

1.「タグ」>「新規」ボタンからタグを作成

まず、Pixel ID用のタグを「新規」ボタンから作成します。

2.「カスタムHTML」を選択

タグタイプから「カスタムHTML」を選択し、Pixel IDのコードを貼り付けます。わかりやすいようにタグの名前も付けておきましょう。

3.トリガーを選択

HTML部分にコードを貼り付け、「document.writeをサポートする」にチェックします。貼り付けたらトリガーとして「All Pages」を選択しましょう。

これで、Pixel IDの設定は完了です。

コンバージョンタグの設定

次にコンバージョンタグの設定を行います。

1.「タグ」>「新規」ボタンからタグを作成

Pixel IDと同じく、タグを発行します。(画像割愛)

2.「カスタムHTML」を選択

こちらも同じくタグタイプから「カスタムHTML」を選択し、コンバージョンタグのコードを貼り付けます。Pixel ID同様わかりやすい名前を付けておきましょう。

今回はサンクスページの表示を計測するという想定で進めていきます。この後トリガーを設定するため、一旦この状態で保存しましょう。

3-1.トリガーを作成

「トリガー」>「新規」ボタンを選択します。

3-2.トリガーを作成

トリガータイプから「ページビュー」を選択します。

3-3.トリガーを作成

「一部のページビュー」から「Page URL」を選択し、サンクスページのURLを入力します。入力が完了したら保存します。

4.トリガーを選択

先ほど作成したタグを選択し、トリガーを設定して保存します。

これで、コンバージョンタグの設定は完了です。

公開する

上記設定が完了したら公開しましょう。これですべての設定が完了です。

計測ステータスの確認

GTMで設定した場合も計測ステータスにて問題なく動作するかの確認が出来ます。設定が完了した後に実際にサンクスページを表示すると、キャンペーン詳細画面の「タグ疎通ステータス」に実績が反映されるようになります。

複数のコンバージョン地点を計測する方法

GTMを活用する場合、複数のコンバージョン地点を計測することが可能です。以下の画像のようにコンバージョン用のタグに複数のトリガーを設定すればOKです。

ただし、管理画面上でコンバージョン地点を分割することはできないため、内訳を確認することはできません。前回の直貼り編でも記載したようにコンバージョンタグはアカウント単位で共通ですので、この点は押さえておきましょう。

まとめ

今回はGTMでのコンバージョン計測の方法をご紹介しました。GTMで計測したことが無いからやり方がわからない!といった方のご参考になれば幸いです。

SmartNews Adsは現在どんどん新たな機能が追加されているので、今は出来ないことでも今後は機能として実装される可能性があります。(最近内訳データをcsvで落とせるようになったのは個人的に嬉しかったアップデートです)
最新情報を見落とすことのないよう常に情報収集には気を配りながら日々の運用を行っていきたいですね。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ