リスティング広告正規代理店|Yahoo!プロモーション広告・Google広告完全対応|東京・大阪・名古屋

【SmartNews Ads】ウェブサイトコンバージョンの計測方法(直貼り編)


みなさんこんにちは。

今回はSmartNews Adsのコンバージョンの計測方法についてご紹介します。本記事では発行したコードを直貼りで計測する方法について記載します。これからSmartNews Adsを配信する予定のある方のご参考になれば幸いです。

コンバージョン計測に当たって

コンバージョン計測にあたり、SmartNews Adsでは、以下2つのコードを活用します。

  • Pixel ID
  • コンバージョンタグ

Pixel IDとは、コンバージョン計測やリターゲティング配信を行うために必要なコードとなります。Google広告で言えばグローバルサイトタグ、Facebook広告で言えばピクセルコードのようなイメージを持っていただけるとわかりやすいかと思います。

今回はコンバージョン計測方法について記載しますので、リターゲティングの設定方法については割愛させていただきます。

設定方法

それでは、コンバージョン計測設定の手順についてご紹介します。

Pixel IDを発行する

まず、上述で紹介したPixel IDを発行する必要があります。Pixel IDの発行方法は以下のようになります。

①ページ上部のメールアドレスから、「ユーザー情報」を選択

 

②「SmartNews Ads PIXEL」から「新しいPixel IDを発行する」を選択

 

③発行したPixel IDを取得、サイトへ設置

 

すると、以下のようなコードが取得できます。

<!-- SmartNews Ads Pixel Code -->
<script type="text/javascript">
!function(){if(window.SmartnewsAds=window.SmartnewsAds||{},!window.SmartnewsAds.p){var e=window.SmartnewsAds.p=function(){e.callMethod?e.callMethod.apply(e,arguments):e.queue.push(arguments)};window.SmartnewsAds._p||(window.SmartnewsAds._p=e),e.push=e,e.version="1.0.0",e.queue=[];var n=document.createElement("script");n.async=!0,n.src="//cdn.smartnews-ads.com/i/pixel.js";var s=document.getElementsByTagName("script")[0];s.parentNode.insertBefore(n,s)}}();

SmartnewsAds.p("Pixel ID", "PageView");
</script>
<noscript>
<img height="1" width="1" style="display:none;" alt="" src="https://i.smartnews-ads.com/p?id=Pixel ID&e=PageView" />
</noscript>

上記のコードをウェブサイト内に設置してください。リターゲティング配信などは行わず、コンバージョンのみ計測したい場合はサンクスページのみに設置すれば大丈夫です。これでPixel IDの設定は完了です。

コンバージョンタグを取得

次にコンバージョン計測のためのタグの取得方法についてご紹介します。

①「新規キャンペーン」から「Website Conversions」を選択し、キャンペーンを作成

 

②「コンバージョンタグ取得」からコードを取得、サイトへ設置

キャンペーンの作成が終わると、キャンペーンの詳細画面に「コンバージョンタグ取得」というボタンが出現します。

 

こちらのボタンから、以下のようなコードが取得できます。

<script type="text/javascript">
(function(){
try {
var SmartnewsAds = { 'id' : 'コード名', 'event' : '' };

var script = document.createElement('script');
script.src = '//api.smartnews-ads.com/assets/conv.js?' + (new Date()).getTime();
script.type = 'text/javascript';
script.id = '_smartnews_ads_conversion_script_' + SmartnewsAds['id'];
script.setAttribute('data-smartnews-ads', JSON.stringify(SmartnewsAds));
(document.body||document.head).appendChild(script);
} catch (e) {}
})();
</script>

上記のコードをサンクスページなど、コンバージョン計測したいページへ貼り付けてください。Pixel IDとコンバージョンタグの設置が完了したら計測設定は完了です。

計測ステータスの確認

無事に各コードの設置が完了したら、問題なく動作するかの確認を行います。コンバージョンタグを設置したページを表示すると、キャンペーン詳細画面の「タグ疎通ステータス」に実績が反映されるようになります。

 

このステータスにて反映されていれば無事設置が完了となります。「Pixel ID」「コンバージョンタグ」をそれぞれサンクスページに設置すれば問題ないですが、リターゲティング配信なども行いたい場合はPixel IDを全ページに設置するようにしましょう。

注意点

コンバージョンタグはアカウント単位で共通であり、1つまでしか発行できません。複数キャンペーンを作成したとしても、同様のコンバージョンタグが発行されるため、注意が必要です。

資料請求やお問い合わせ、電話タップなどの条件に応じたコンバージョンを計測したい場合は、GTMなどの外部計測ツールを活用することで設定することが可能です。ただし、指標としては同じコンバージョンとしてカウントされるため、コンバージョン地点で分割することはできません。

まとめ

公式サイトにコンバージョン測定も含めて様々な設定方法が記載されていますが、1つ1つの設定方法がページごとに分けられていたりと、コンバージョン測定をすべてまとめたページは見かけなかったので改めてまとめてみました。

今回は直貼りでの設定方法をご紹介しましたので、次回はGTMを活用した計測方法などをご紹介できればと思います。

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

リスティング広告の下請け業務請け負います

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ