リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Google広告最新ニュース】Youtube広告、Googleディスプレイ広告のデリケートな広告表示の制限追加

Googleでは、Youtube広告やGoogleディスプレイ広告において、デリケートな広告表示の制限制限を追加しました。

今回は機能追加の概要についてご紹介します。

概要

Googleは、2020年に導入された「アルコールとギャンブルの広告を制限するユーザーコントロールを世界的に拡大する」と発表しました。

これまでユーザーが制限できるのは、YouTubeのアルコール広告とギャンブル広告のみが対象(かつ、アメリカのユーザー限定)でしたが、今後は、ユーザーはディスプレイ広告でもこれらの広告を制限できるようになりました。

また、今回新しく3つの広告カテゴリについても制限可能になりました。

  • 妊娠や子育て
  • デート
  • ダイエット

この機能は、YouTube広告の広告のカスタマイズ設定画面から設定可能です。 参考:Google広告設定

ただし、広告表示が減るだけでゼロになるわけではないため、ユーザーが「広告表示をしない」と設定したカテゴリについても、全く広告を目にすることがないというわけでありません。

補足:広告のカスタマイズの手順

補足として、表示される広告のカスタマイズの手順をご紹介します。 広告のカスタマイズの要素は、Googleアカウントに追加された個人情報、Googleのサービスを利用している広告主から提供されるデータ、Googleが推定した興味 / 関心に基づいて表示されます。

カスタマイズをする際にGoogleによりデフォルトで自身の興味 / 関心と予想されるカテゴリが表示されています。

ユーザーはこのカテゴリから無効にしたいカテゴリをオフすることで、広告表示が制限されます。

  1. Googleアカウントに移動
  2. 左側のナビゲーションパネルで「データとプライバシー」を選択
  3. 「操作した内容、訪れた場所」の「広告設定」までスクロールし、「広告のカスタマイズ」を選択
  4. 「広告のカスタマイズ」 をオン
  5. 「広告のカスタマイズに利用する要素」から無効にしたいカテゴリを「オフ」にする
  6. 「オフ」にしたカテゴリが「オフにしている要素」に移動していれば設定完了

無効にしたカテゴリを再びオン戻すには、「オフにしている要素」から有効にしたいカテゴリを選択し、[オンに戻す] を選択することで制限から外れます。

また、同じページの下部にスクロールすると「Youtubeにおけるデリケートな広告カテゴリ」がありますので、Youtubeの広告表示を制限したいカテゴリを「表示を減らす」で選択できます。

まとめ

ユーザーが広告表示を管理できるようになるという流れは今後も強まると考えられています。

しかし、ユーザーにより広告表示をコントロールできるからといって、広告表示が全くゼロになるわけではありません。

「広告の総量は減らさない」とGoogleも述べていますので、裏を返すとコンバージョンの可能性が低いユーザーに広告表示が減らせるということになるでしょう。

そのため結果的に広告ターゲティングを向上させることが期待できるかもしれません。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ