リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【LINE広告】LINE動画広告の特徴と配信先について

公開日:
更新日:
LINE動画広告

LINE動画広告は、圧倒的な数のアクティブユーザーにリーチできることが特長で、マーケティング施策としても押さえておきたい手法の一つです。

今回は、LINE動画広告について解説します。

圧倒的な数のアクティブユーザーにリーチできるLINE動画広告

静止画と動画の両方を広告として、LINE上に掲載できるプラットフォームであるLINE広告。

2022年3月末時点で、9,300万人の月間ユーザーを抱えていると言われており、広告展開のプラットフォームとして圧倒的なリーチ力を誇ります。

動画広告と静止画広告の違い

画像に音や動きを組み合わせることができる動画広告は、静止画の広告に比べ効果的にサービスの詳細を伝えられることができます。

静止画の特徴

静止画は動画と比べ、制作コストが抑えられます。

そのため、訴求軸を分けて複数のクリエイティブを用意しやすいという特徴があります。

しかしながら伝えられる情報量に限界があり、訴求力を高める工夫が必要です。

動画広告の特徴

動画広告は静止画に比べて、制作コストが高いというデメリットがあります。

一方で、静止画より多くの情報を伝えることができる表現力が高く、ユーザーの興味関心を惹くことができるでしょう。

表現の幅やデザインが広がることも、大きなメリットです。

LINE動画広告の配信面

LINE動画広告には、以下のような配信面に展開することが可能です。

配信面 概要
トークリスト LINEアプリのトークリスト最上部
LINE NEWS LINEアプリ内のニュースページ
ウォレット LINE提供の金融サービスの入り口
LINEポイントクラブ 指定条件をクリアするとポイントがもらえるサービス
LINEショッピング LINEアプリ上で商品を購入できるサービス
LINEチラシ 地域店舗のセール情報を閲覧できるチラシメディア
LINE VOOM おすすめの動画やフォローの中のコンテンツを閲覧できるサービス
LINEマンガ LINE提供の電子コミックサービス
LINE BLOG LINE提供のブログサービス
LINEマイカード LINEアプリでお店の会員証などをまとめて管理できるサービス
 LINE広告ネットワーク LINE関連サービス以外の外部アプリ広告配信でき広告主とユーザーをシームレスに繋げるアドネットワーク

LINE動画広告を配信するときのポイント

LINE動画広告は多くの場合、スマートフォンユーザーに配信されます。

そのため画面サイズが小さいデバイスの限られたスペースを考慮し、小さなテキストなど視認性が低い情報は避けるようにしましょう。

まとめ

LINE広告今回は、LINE動画広告について紹介しました。

今後の広告運用にぜひお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事