リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【LINE最新ニュース】広告主のサーバーからLINEに直接送信できるLINE Conversion APIの提供へ

LINE広告LINE Conversion API

LINEでは、広告主が取得したデータをLINEへ送信できる「LINE Conversion API」の提供を9月28日に開始しました。

本記事では、LINE Conversion APIの概要とメリットをご紹介します。

LINE Conversion APIの概要

LINE Conversion APIとは、広告主が自社のサーバーに保有しているユーザーデータを直接LINEに送信できる機能です。

LINE Conversion APIが提供される経緯としては、昨年10月に提供された「ビジネスマネージャー」につづき、プライバシー保護の観点から企業とユーザーの双方にとって透明性のあるデータ活用における仕組みの機能改善の一環としています。

利用の流れは以下のとおりです。

  1. ビジネスマネージャーにて組織を作成
  2. LINE広告アカウントにビジネスマネージャーの組織IDを紐付け
  3. ビジネスマネージャーの管理画面でアクセストークンを発行

LINE Conversion APIを活用することにより、これまでのLINE Tagを通じたデータ取得だけでなく、広告主が保有しているユーザーデータを広告主のサーバー経由で直接LINEに送信できるようになります。

そのため、コンバージョン計測や最適化の精度アップに期待できます。

LINE Conversion APIのメリット

メリット

LINE Conversion APIの活用により期待できるメリットは以下の3つです。

  • レポーティングが改善できる
  • オーディエンスの蓄積ができる
  • 広告パフォーマンスが改善できる

それぞれのメリットについて以下で解説します。

レポーティングが改善できる

LINE Tagで取得したデータに加え、サーバー経由での計測により、より精度の高い計測がができるようになります。

オーディエンスの蓄積ができる

サーバー経由で流入したユーザーのオーディエンスの蓄積ができるようになるため、広告配信の最適化にも期待できます。

広告パフォーマンスが改善できる

コンバージョンやイベントなどの取得データの増加により、広告配信のパフォーマンスの改善に期待できます。

まとめ

今回は、LINE Conversion APIについてご紹介しました。

ぜひ今後のLINE広告運用にお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

カルテットコミュニケーションズ編集部。実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事