リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Facebook広告運用に役立つ|Metaピクセルとは?特徴とビジネスマネージャでの設定方法を解説

Facebook広告を運用するときに欠かせないMetaピクセル。

本記事では、Metaピクセルとはどういったものか特徴と設定方法についてご紹介します。

Metaピクセルの特徴

Metaピクセルとは、Webサイトに設置するコードのことをいいます。

設置することで、ウェブサイトで実行されたアクションを把握して、広告配信の効果を測定することが可能になります。

Metaピクセルは以下の目的での利用に役立ちます。

  • 広告のターゲットにリーチしたいとき
  • 販売促進したいとき
  • 広告配信の効果を測定したいとき

広告のターゲットにリーチしたいとき

Metaピクセルは、潜在顧客を見つけたり、ウェブサイトで特定のページにアクセスした利用者やアクションを起こした利用者へのリーチに役立ちます。

販売促進したいとき

自動入札機能を設定することで、商品の購入といった希望するゴールを実行する可能性が高いユーザーへのリーチに役立ちます。

広告配信の効果を測定したいとき

広告を見たユーザーのアクションを測定できるため、広告の効果を詳しく把握し、分析に役立ちます。

Metaピクセルの設定手順

ここでは、ビジネスマネージャでMetaピクセルを設定する手順について紹介します。

  1. ビジネスマネージャの[ビジネス設定]に移動
  2. ビジネスを選択 [データソース]をクリック
  3. [ピクセル]を選択
  4. ページ上部の検索バーのそばにある[追加]をクリック
  5. ピクセルの名前を入力
  6. ウェブサイトのURLを入力(任意)
  7. [次へ]をクリック

ウェブサイトにピクセルをインストールする場合は、[ピクセルを今すぐ設定]をクリックしましょう。

また、ビジネスマネージャにとどまる場合は、[ビジネスの管理を続ける]をクリックします。

まとめ

今回は、Metaピクセルについてご紹介しました。

Metaピクセルを設置することで、サイトへ訪れたユーザーのアクションを確認でき、再びリーチすることも可能になります。

また、広告効果の測定にも役立ちますので、ぜひ活用してみてください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

カルテットコミュニケーションズ編集部。実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事