リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【LINE公式アカウント】認証済アカウントの特徴とは?

LINE公式アカウント 承認済みアカウントの特徴

LINE公式アカウントは、国内最大のコミュニケーションアプリ「LINE」を通じて、企業や店舗とユーザーがコミュニケーションをとれるサービスです。

LINE公式アカウントには「認証済アカウント」と「未認証アカウント」の2つのアカウント種別があり、それぞれの特徴を理解して適切な運用を行うことが重要です。

今回は、2つのアカウントのうち、ビジネス利用に向いている「認証済アカウント」の特徴についてご紹介します。

認証済アカウントの特徴

「認証済アカウント」は、LINEの審査を通過したアカウントです。

審査なしで作成できる「未認証アカウント」とは異なり、このアカウントでしか利用できない機能やサービスがあります。

認証済アカウント特有の特徴として主に下記の5つが挙げられます。

  • 青色バッジが付与される
  • LINEアプリ内の検索結果に表示される
  • キャラクター入りの販促用ポスターデータがダウンロード可能
  • 有料ノベルティが購入可能
  • 「友だち追加広告」が利用可能

それぞれ説明します。

青色バッジが付与される

認証済アカウントでは、LINEの審査を通したアカウントの証明として青色の認証バッジが付与されます。

トーク画面やプロフィール画面に表示されることで、公式なアカウントという目安になり、ユーザーに安心感を与えられるでしょう。

一方、個人・法人を問わず誰でも取得できる未認証アカウントでは、灰色のバッジが付与されます。

LINEアプリ内の検索結果に表示される

LINE公式アカウントをユーザーに友だち追加してもらうには、QRコードの読み込みやアカウントIDの入力を行ってもらう必要があります。

しかし、認証済アカウントなら、LINEアプリ内の友だち検索結果に表示させることができます。

店舗名を入力して検索すると、検索キーワードに一致した認証済アカウントの一覧が表示されるため、ユーザーの利便性が高まります。

キャラクター入りの販促用ポスターデータがダウンロード可能

LINE公式アカウントの管理画面から、販促用のポスターデータを無料でダウンロード可能です。

未認証アカウントではキャラクターの掲載がないポスターデータのみのダウンロードになりますが、認証済アカウントでは3種類の中からポスターデータを選択することができます。

引用元:認証済アカウントの申し込み方法|特徴や機能、未認証アカウントとの違い|LINE for Business

有料ノベルティが購入可能

認証済アカウントの場合、前述のポスターデータの他に、友だち追加を促すための有料ノベルティの購入が可能です。

三角POPやラミネートパネルをテーブル上に設置したり、ステッカーを入口付近の窓に貼ったりすることで、LINE公式アカウントの案内を目にする機会が増えるでしょう。

「友だち追加広告」が利用可能

認証済アカウントでは、トークリストやLINE NEWSなど、LINEアプリ上に友だち追加を促す広告が出稿できる「友だち追加広告」の利用ができます。

友だち追加広告は、LINE公式アカウントの管理画面から出稿することが可能です。

まとめ

今回は、2つのLINE公式アカウントのうち、ビジネス利用に向いている「認証済アカウント」の特徴についてご紹介しました。

特徴を理解して、今後の広告運用にぜひお役立てください。

 

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

カルテットコミュニケーションズ編集部。実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事