リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Twitter広告ニュース】3D広告など新しい広告フォーマットのテスト実施へ

Twitterは、2022年8月29日、3D広告など3つの新しい広告フォーマットをテストしていることを発表しました。※参考:Twitterブログ

本記事では、その概要についてご紹介します。

概要

Twitterではこれらのビジョンを実現する方法を探るために、広告フォーマットをテストを実施しています。

今回はその第一歩として、以下の3つの新しいフォーマットについて、テストを開始したとのことです。

  • コレクション広告
  • インタラクティブテキスト広告
  • プロダクトエクスプローラー広告

Twitterは、これらテストを実施する目的として、新しいフォーマットが広告をユーザーにどのように受け入れられ、広告主にどのような結果をもたらすかを把握するためとしています。

コレクション広告

コレクション広告は、主画像とその下の最大5つの小さなサムネイル画像を表示することで商品を紹介できる広告です。

主画像は静止したまま表示し、サムネイルは水平スクロールで閲覧することができます。

さらに画像からはそれぞれ別のウェブサイトや商品のランディングページに誘導することが可能です。

インタラクティブテキスト広告

インタラクティブテキストは、テキストがTwitterの標準よりも大きく太いフォントで表示されるのが特徴です。

広告の本文中にある最大3つの単語を太字で強調して表示することができ、ハイライトの色を10色から選べます。

また、クリックで任意のランディングページへの誘導が可能です。

プロダクトエクスプローラー広告

プロダクトエクスプローラー広告は、Twitter初の3Dを使った広告です。

ユーザーは、ブランドの商品をスワイプしたり回転させるなど、さまざまな角度から商品を確かめられます。

また、表示された商品の詳細を閲覧後、購入の準備ができたユーザーは、広告のショップボタンをクリックすれば広告主のウェブサイトに移動することができます。

まとめ

今回は、Twitter広告の新しい広告フォーマットのテスト実施についてお伝えしました。

Twitterでは、今回のテストのパフォーマンスと顧客からのフィードバックに基づき、テスト、学習を繰り返し行うとしています。

インタラクティブテキスト広告は取り組みやすそうですし、Twitter初の3D広告であるプロダクトエクスプローラー広告も実装されれば、広告効果アップにより一層期待できそうですね。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

カルテットコミュニケーションズ編集部。実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事