リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Twitter広告】ツイートエンゲージャーターゲティングとは?

twitter-ads09051

Twitter広告には、ツイートにエンゲージメントしたユーザーをリマーケティングできる「ツイートエンゲージャーターゲティング」があります。

今回は、Twitter広告のツイートエンゲージャーターゲティングについて、特徴と設定方法についてご紹介します。

ツイートエンゲージャーターゲティングの特徴

ツイートエンゲージャーターゲティングとは、自社のツイートを表示した、又はエンゲージメントしたユーザーにリターゲティングできる機能です。

この機能を使うことで、ツイートを表示したユーザーやツイートに対してエンゲージメントしたユーザーに広告を配信することができます。

ツイートエンゲージャーターゲティングのメリットは、以下の2つです。

  • エンゲージメントを元にリターゲティングできる
  • 興味関心のあるユーザーにリーチできる

ツイートエンゲージャーターゲティングは、エンゲージメントを軸にリターゲティングが可能です。

そのため、全く認知していない人ではなく、過去にリーチした人に再度リーチすることができるというメリットがあります。

また、自社のツイートに対して良い反応を示しているユーザーに対してリーチできるため、コンバージョンにつながる可能性の高いユーザーにアプローチ可能であることもメリットといえるでしょう。

設定方法について

ツイートエンゲージャーターゲティングは、広告セットのターゲティングの箇所で設定できます。

設定手順は以下のとおりです。

  1. 「広告グループの詳細」をクリック
  2. 「ターゲティング機能」の下部より「追加オプション」をクリック
  3. 「ツイートの表示歴またはエンゲージメント歴があるユーザーをリターゲティング(オプション)」の設定をオン
  4. 設定オン後、「リターゲティングタイプ」と「ツイートの種類」が表示される
  5. リターゲティングタイプにて「ツイートの表示歴があるユーザー」と「ツイートの表示履歴およびエンゲージメント歴があるユーザー」のいずれかを選択
  6. ツイートの種類を選択

ツイートの種類は以下の3つです。

  • オーガニックのツイート
  • 特定のキャンペーンに含まれたツイート
  • オーガニックツイートおよび特定のキャンペーンに含まれたツイート

オーガニックツイートの場合は、インプレッションのみでは15日以内で、エンゲージメントを含めると40日以内のユーザーに配信可能です。

特定のキャンペーンに含まれたツイートの場合は、広告として配信したツイートをキャンペーン単位で選択できます。

まとめ

今回は、Twitter広告のエンゲージャーターゲティングについてご紹介しました。 ぜひ今後の広告運用にお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

カルテットコミュニケーションズ編集部。実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事