リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

LINE広告、7月のアップデートで利便性向上へ

LINE広告では、2022年7月に新しい機能追加などのさまざまなアップデートを行いました。

マーケティングにおいて重要な、詳細ターゲティングのカテゴリ追加やキャンペーンシュミレーターの設置で使いやすさが向上しています。

今回の記事では、7月に行われたLINE広告のアップデートの内容をご紹介します。

LINE広告アップデートの内容

今回アップデートされた主な箇所は以下になります。

  • 詳細ターゲティング
  • キャンペーン予算の最適化
  • プレビュー共有URL

それぞれ説明していきます。

詳細ターゲティングでのアップデート

詳細ターゲティングにて追加された設定機能をご紹介します。

第3・第4階層カテゴリ

第1・第2階層のみだった詳細ターゲティングのカテゴリに第3・第4階層が追加され、新たな区分ができています。

例えば、詳細ターゲティングの趣味・関心のカテゴリ「食べ物飲み物」で見た場合、第1階層「食べ物飲み物」→第2階層「食べ物」→第3階層「スナック・菓子」→第4階層「アイスクリーム」というように、より細かなジャンルでの設定が可能です。

階層カテゴリごとの一括選択・除外

2022年7月19日より、階層カテゴリごとに一括で配信・除外ができるようになりました。

簡単に第1・2・3階層配下の項目を一括で配信・除外できるので大変便利です。

「購買意向」タブ

「行動」タブの配下にあったカテゴリ「購買意向」がタブに加わりました。

2022年7月19日より、パフォーマンスレポートの集計単位で「購買意向」が選択可能です。

「楽天モバイル」のセグメント

詳細ターゲティングのセグメントにおいて、新たに「楽天モバイル」が追加されています。

これまではNTTドコモ・au・Softbankの3つのキャリアのみでしたが、楽天モバイルユーザーへのセグメント配信または除外も可能になったことでターゲットの幅が広がりました。

キャンペーン予算の最適化

「キャンペーン予算の最適化」は、キャンペーン単位の総額予算で管理したい場合などに利用しやすい機能です。

「キャンペーン予算の最適化」において、今回追加された機能をご紹介します。

「1日の推定パフォーマンス」を表示

「キャンペーン予算の最適化」の利用中、キャンペーンシミュレーターである「1日の推定パフォーマンス」が表示されるようになりました。

「1日の推定パフォーマンス」では、現在の設定内容と過去の配信実績にもとづいた推定値が表示されるため、キャンペーン予算の変更に対して目標値がどのくらい増減するかなどの想定が可能です。

設定変更による影響度の事前把握に便利な機能だといえます。

リーチキャンペーンでも利用可能に

「キャンペーン予算の最適化」がリーチを目的としたキャンペーンでも利用可能になりました。

今後、すべてのキャンペーンの目的で「キャンペーン予算の最適化」が使えるため、利便性の向上に期待できます。

プレビュー共有URL

クライアントや社内へ共有する際に便利なプレビュー共有URLの表示内容が変更されました。

主な変更点は下記2点です。

  • プレビュー画像を画像と画像(小)に区分
  • プレビュー画像にサンプルラベルを付与

まとめ

今回は、7月に行われたLINE広告のアップデートの内容をご紹介しました。

さまざまな機能の追加で、よりスムーズなマーケティングが可能になったといえるでしょう。

今後の広告運用にぜひお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

カルテットコミュニケーションズ編集部。実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事