リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Twitter広告】映画とテレビ番組のターゲティングについて解説

Twitterでは、Twitter広告に映画とテレビ番組のターゲティング形式を用意しています。

映画とテレビ番組のターゲティングを利用することで、映画やテレビの戦略展開が拡大可能です。

今回の記事では、Twitter広告の映画とテレビ番組のターゲティングについてご紹介します。

映画とテレビ番組のターゲティングについて

映画とテレビ番組のターゲティングは、対象のテレビ番組や映画に反応するユーザーに向けて、テレビ放送の最中や前後にテレビ放送網やブランドのプロモーションを流す広告形式です。

映画とテレビ番組のターゲティングでできることは次の3つです。

  • 既存の映画やテレビ番組キャンペーンの実施回数増加
  • 実際のテレビの枠を越えたリーチ拡大が可能
  • 映画とテレビ番組への反応を視聴者層や興味関心の目安として利用可能

このターゲティングは、予測アルゴリズムをこまめに調整し、プロモ広告に反応する可能性が高いユーザーを探すしくみとなっています。

それによって、ツイートなどのさまざまなTwitter上でのリアクション内容から、映画やテレビ番組を観る確率が高い層の特定が可能です。

また、ジェンダーや端末、言語、地域ターゲティングの追加もできますが、キャンペーン全体のリーチが絞り込まれる点に注意する必要があります。

アプローチ方法について

特定のコンテンツに反応したユーザーには、以下の2つのアプローチでの広告配信ができます。

  1. 継続ターゲティング
  2. 初回放送期間のみ

それぞれ説明します。

1. 継続ターゲティング

継続ターゲティングでは、広告キャンペーン期間中、特定のテレビ番組に反応したユーザーにプロモ広告を配信します。

このターゲティングは初期設定されているため、変更がなければそのままにしておいて問題ありません。

2. 初回放送期間のみ

こちらの設定では、初回放送期間に限定し、特定のテレビ番組に反応したユーザーに対してプロモ広告を配信します。

継続的にテレビ広告を流すようなシリーズ物のテレビ番組と組み合わせれば、高い広告効果が得られます。

まとめ

今回は、Twitter広告の映画とテレビ番組のターゲティングについてご紹介しました。

テレビで放映される映画や番組についてツイートするユーザーは大変多いので、うまく利用することによって高い効果が得られるでしょう。

今後の広告運用にぜひお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

カルテットコミュニケーションズ編集部。実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事