リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Instagramの商品タグ付き広告で売り上げアップ!3つのメリットを紹介

Instagram広告

Instagramでは、ユーザーが商品に興味を持ってからそのまま購入できるしくみの「商品タグ付き広告」を利用することができます。

今回は、Instagramの商品タグ付き広告のメリットについてご紹介します。

Instagramの商品タグ付き広告とは?

Instagramの商品タグ付き広告とは、投稿やストーリーズ内の「購入可能な商品の画像や動画」に商品タグを付けることで、商品に興味を持ったユーザーがInstagramのアプリ内で商品詳細の確認を行い、サイト遷移から購入までをシームレスに提供できる広告です。

商品タグを使うと、商品カタログのアイテムを動画や投稿の中で直接ハイライトでき、商品タグをタップすれば、ユーザーはすぐに詳細を見ることができるようになります。

大きな成果を出しているビジネスは、さまざまなフォーマットで商品タグを頻繁に使用しています。

商品を発見してから購入までの導線がスムーズな、ユーザーファーストの商品タグ付き広告をぜひ取り入れてみるとよいでしょう。

商品タグ付き広告のメリット

商品タグ付き広告には以下の3つのメリットがあります。

  • スムーズな導線の提供
  • 商品へのリーチを拡大
  • ショッピングエンゲージカスタムオーディエンスが利用可能

それぞれ詳しく解説します。

スムーズな導線の提供

商品タグを付けることで、広告であってもオーガニックのInstagaramショッピング機能をもつ投稿と同様の体験をユーザーに届けられます。

商品タグの付いていない広告では、ユーザーが興味を持った広告をタップした場合、画像下部の「購入はこちら」など行動を呼びかける「CTAボタン」の色が変わり、クリックすると外部サイトに遷移するという流れでした。

CTAボタンは外部サイトへ遷移する仕様のため、ユーザーの購買行動を引き起こすにはかなりの関心を持ってもらう必要があります。

一方、商品タグ付き広告なら、商品タグをタップしてアプリ内で商品詳細の確認ができるので、ユーザーの動きもスムーズです。

日本では商品タグをタップして商品詳細を見る割合が他国の3倍という調査結果もあり、日本のユーザーには特に親和性の高い広告機能だといえます。

商品へのリーチを拡大

通常、商品タグをつけたショッピング機能付き投稿がリーチできる範囲は、フォロワーやおすすめ投稿に表示された場合などに限定されています。

商品タグ付き広告を利用すれば、既存・新規問わずさまざまなユーザーに幅広くお届けして商品を発見してもらうことが可能です。

ブランドやサイトではなく、訴求したい「商品」自体を購買意向の高い潜在ユーザーへ届けられる点も商品タグ付き広告の魅力でしょう。

ショッピングエンゲージカスタムオーディエンスが利用可能

Instagramショッピング内でアクションをしたユーザーのセグメントである「ショッピングエンゲージカスタムオーディエンス」が利用可能です。

これを利用すれば、売り上げの増加や広告の成果改善だけではなく、Instagramショッピングからサイト来訪、Instagramショッピングで商品を閲覧・保存などの行動を学習データとして蓄積して広告配信に役立てることができます。

これまで、購入意欲の高いユーザーへ再度リーチする場合には、リターゲティング配信の利用が一般的でしたが、Cookie制限によってサイト内での商品閲覧やカート追加、購入というユーザーデータの取得が難しくなっています。

ショッピングエンゲージカスタムオーディエンスなら、Facebookピクセルに頼らずアプリ内で商品閲覧やサイト来訪のデータを蓄積することができるため精度の高いターゲティングが可能です。

商品タグを付けてInstagramショップにユーザーを促すことで、アプリ内で購入意欲の高いユーザーを見つけて再度リーチすることができるでしょう。

まとめ

今回はInstagramの商品タグ付き広告のメリットについてご紹介しました。

購入へのハードルが下がることで売り上げ増加に期待ができるのはもちろん、データ収集も可能なので大変便利な広告機能だといえるでしょう。

ぜひ、今後の広告運用にお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

カルテットコミュニケーションズ編集部。実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事