リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

LINE友だち追加広告|クリエイティブのコツについて

LINE広告には、LINEアプリ内に広告を掲載しLINE公式アカウントの友だちを集める「友だち追加広告」があります。

友だち追加広告の配信効果を最大化するためにも、テキストや画像の工夫が必要です。

そこで本記事では、友だち追加広告のクリエイティブ制作のコツについてご紹介します。

友だち追加広告のクリエイティブ|テキスト編

広告クリエイティブは主に「テキスト」と「画像」で構成されています。
ここでは、テキストについて解説します。

テキストの構成は以下の2つです。

  • タイトル
  • 説明文

それぞれクリエイティブ制作のコツについてご紹介していきます。

タイトル

タイトルは、メリットを分かりやすく伝えることに重視します。

つい商品名やサービス名を記載しがちですが、ユーザーにとってのメリットを意識した内容や表現を含めるようにしましょう。

このほか、実店舗の場合などは地名や最寄り駅を記載しておくことで、どこにお店があるのかパッと見で分かるようになります。

説明文

説明文は、長すぎると配信面によっては表示されないことがあります。

そのため、画像やタイトルで訴求できない情報を補完的に記載することを心がけ、できるだけ画像とタイトルだけでも成立するように調整するとよいです。

友だち追加広告のクリエイティブ|画像編

画像は、目に留まったときの印象で魅力的に感じられる表現であることが重要になります。

伝えたいこと、強調したいことが印象に残るような見え方を意識するようにしましょう。

たとえば、

  • サービスや商品の魅力が伝わるような素材
  • 実際の利用シーンを想像しやすい素材

といった点を意識して画像を作成していきます。

また、画像の中に文字を追加することもOKです。

画像と文字を組み合わせてユーザーの興味を引き、クリックしたくなるようなものを用意するとさらに広告効果は高まります。

たとえば、

  • ユーザーにとってメリットがあるお得な割引・セール情報
  • ターゲットとするユーザーが興味を持ちやすいようなキャッチコピー
  • ユーザーに関連性のある地域名、最寄り駅

などになります。

画像と文字を組み合わせる時の注意点は、タイトル要素と訴求が重複しないようにすることです。

また、ほとんどのユーザーはモバイル端末を利用していますので、モバイルでの視認性を意識することも大切です。

読み取りができないことにならないように、文字要素を盛り込みすぎないようにしましょう。

まとめ

今回は、LINEの友だち追加広告のクリエイティブのコツについてご紹介しました。 ぜひ今後の広告運用にお役立てください。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ