リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Twitter広告】キャンペーンプランナーの特徴と使い方を解説

Twitter広告では、2022年6月23日から「キャンペーンプランナー」の提供を開始しています。

本記事では、Twitter広告のキャンペーンプランナーについてご紹介していきます。

キャンペーンプランナーの特徴

キャンペーンプランナーとは、Twitterのキャンペーン効果を予測できる機能です。

Twitter広告に予測機能が追加されたことで、「ターゲットとなるオーディエンスにリーチするためにどの程度の予算が必要となるのか」など、あらかじめ把握できるようになりました。

※現在、キャンペーンプランナーの利用には事前申請が必要です。

予測できるパフォーマンスについて

キャンペーンプランナーを利用すると、キャンペーン開始前にパフォーマンスの効果が予測できます。 具体的には、

  • リーチ
  • ターゲットオーディエンスの割合
  • CPM
  • 平均フリークエンシー
  • インプレッション数

といったパフォーマンスを予測することができます。

キャンペーンプランナーの使用方法

キャンペーンプランナーを使用するには、広告マネージャーの画面左上にある 「キャンペーン」 ドロップダウンメニューから「キャンペーンプランナー」 を選択します。

キャンペーンプランナーにアクセス後、「計画の詳細」を設定していきます。

「計画の詳細」の各項目の設定については以下のとおりです。

  1. 目的は、初期設定で「リーチ」のまま ※
  2. 「計画の予測」 のタイルで予算を入力
  3. 広告キャンペーンの実施期間として該当する「開始日時」と「終了日時」を選択
  4. 「フリークエンシー上限」を 「1日」「7日」「30日」 の中から選択

※現在、リーチの目的をサポートしているため、キャンペーンの目的は「リーチ」のみ利用可能になっています。

入力完了後、画面右側にパフォーマンスの予測が表示されます。

なお、キャンペーンプランナー上でのキャンペーンの下書き作成もできます。 これにより、簡単にすべての設定を当該キャンペーンにコピーできるようになっています。

まとめ

今回は、Twitter広告のキャンペーンプランナーについてご紹介しました。

ぜひ今後の広告運用にお役立てください。

お問合せはこちら!
https://quartet-communications.com/contact
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ