リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

LINE広告でリーチ数を最大化できる「リーチキャンペーン」について解説

LINE広告でキャンペーンを作成する際に、「リーチ数を増やすことを目的としたキャンペーン(※1)」を選択することで、自社のサービスやブランドをよく多くのユーザーに対して認知拡大を図ることができます。
(※1)以下、「リーチキャンペーン」と呼称します。

本記事では、リーチキャンペーンの特徴から設定方法についてご紹介します。

リーチキャンペーンについて

リーチキャンペーンとはリーチ数を増やすことを目的としたキャンペーンタイプです。

1日から90日の期間の中で、同じユーザーに広告を表示したい回数の上限や、表示したい頻度を設定することができ、効率的にリーチ数を増やすことができます。

また、「1日の推定パフォーマンス」のシミュレーターにて、1日の推定リーチ数が確認可能です。

リーチキャンペーンの設定手順について

リーチキャンペーンの設定方法については、以下の手順で行います。

  1. 広告マネージャーにログインし、「キャンペーンを作成」をクリック
  2. 「キャンペーンの目的」から「リーチ」を選択
  3. 入札単価の設定方法にて「リーチの最大化を目的に自動で設定」か「手動入札」を選択
  4. 入札戦略にて「イベント単価の上限を設定」または「単価の上限なしで1日の予算の消化を最大化」を選択
  5. 入札単価にてCPMを設定(※2)
  6. フリークエンシーの設定(任意)
  7. 開始日時か期間を設定し、広告の設定を完了後、配信可能に

(※2)入札戦略で「単価の上限なしで1日の予算の消化を最大化」を選択した場合は入力不要です。

フリークエンシーでは、1ユーザーに広告を表示する回数を1~10回の中から設定可能です。

また、フリークエンシーの設定にて、同じユーザーに広告を配信したい間隔を選択することができますが、最大31日間までになります。

まとめ

今回はLINE広告のリーチキャンペーンについてご紹介しました。

リーチ数を最大化させたい方におすすめのキャンペーンにですので、LINE広告でキャンペーンの作成する際にぜひご活用ください。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ