リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Facebook広告の運用には必要?ドメイン認証について解説

Facebook広告には、ドメイン認証という手続きがあります。

ドメイン認証を行うこと自体は任意ですが、自社ドメインのセキュリティ対策や広告効果に影響するため重要度の高い手続きになります。

本記事では、Facebookのドメイン認証についてご紹介します。

Facebook広告のドメイン認証について

ドメイン認証とは、Facebookにおけるドメインの所有権を取得するために行う手続きです。

主にFacebook上の管理者権限に関わる認証で、ドメイン認証をすることでセキュリティ対策になり、ドメインの安全性を高めることができます。

また、トラッキング制限によって計測に影響が出る場合に行う「合算イベント測定」の設定時にもドメイン認証は必要です。

Facebook広告のドメイン認証は、ビジネスマネージャ上で管理者権限を割り振られたユーザーのみが実施できます。

ビジネスマネージャは、Facebookページやアプリ、Facebook・Instagram広告アカウントの一元管理ができる公式ツールです。

ドメイン認証については、こちらの記事もご参照ください。

https://quartet-communications.com/info/news/78126

Facebook広告の運用にドメイン認証が必要な理由

ドメイン認証を行うことは任意にですが、セキュリティや広告のパフォーマンス上に影響があるため、Facebook広告を運用されている場合は必須の手続きとなります。

具体的には以下の理由が挙げられます。

  • 自社ドメインの不正利用の防止ができるため
  • 広告パフォーマンスの低下を防止できるため
  • iOS14のポリシー変更に伴う広告効果への影響を避けるため

Facebook上でドメイン認証を実施すると、自社広告におけるリンクやコンテンツの編集権限をビジネスマネージャで管理するため、権限を付与されていない者はアクセスする事ができません。

結果として、外部のユーザーが勝手に広告を編集できなくなり、自社ドメインの不正利用を防止することにつながります。

広告パフォーマンスへの影響については、 「ドメイン認証を受けていないリンクを広告に掲載した場合、広告パフォーマンスにおいてマイナスの影響が起こる可能性がある」とMetaが公表しており、ドメイン認証は広告パフォーマンスの低下を防止の観点からも必要な手続きであるといえるということが分かります。

また、AppleのiOS14リリースに伴うポリシー変更ではイベント測定に制限があるため、ユーザーの利用環境によって計測結果に差が出るといった影響を受ける場合もあります。

しかし、ドメイン認証をしていれば、「合算イベント計測」という機能を使ってiOS14以降のOSからのウェブイベントの測定もできるため、広告効果への悪影響を回避することが可能です。

まとめ

今回は、Facebook広告のドメイン認証についてご紹介しました。

Facebookのドメイン認証の手続きは任意ですが、ドメインの安全性や広告パフォーマンスを低下させないためにも、手続きををおすすめします。

 

 

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事