リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Facebookページとは?特徴とFacebook広告との違いについて解説

Facebookのアカウントを持つ多くの企業や店舗では、Facebookページを開設し運営しています。

そこで本記事では、Facebookページとはどんなものなのか、特徴とFacebook広告との違いについてご紹介していきます。

Facebookページの特徴

Facebookページとは、Facebook内に個人アカウントとは別に開設できるページです。

Facebookに登録済みであれば、誰でも作成可能ですが、企業やブランド、団体などが、ユーザーとの交流や情報発信を目的として運営するのが一般的といえます。

Facebookページの特徴は、以下の通りです。

  • ビジネス向けの機能が充実
  • 複数のページが作成できる
  • ユーザーは「ファン」と呼ぶ

それぞれの特徴について説明していきます。

ビジネス向けの機能が充実

Facebookページでは、複数人でページを管理でき、「インサイト」という分析機能が充実していまます。

インサイトでは、投稿のリーチ数、「いいね!」された数といった情報を確認することができます。

アクセス解析をして企業のマーケティングやPR活動に生かすことができるため、広告の出稿・結果分析にも活用可能です。

複数のページが作成できる

Facebookページは、1つのアカウントで複数のページを作成できます。

そのため、目的や店舗、団体ごとに複数のFacebookページを同時に運営することも可能です。

ユーザーは「ファン」と呼ぶ

Facebookページでは、「いいね!」してくれたユーザーを「ファン」と呼びます。

個人アカウントのページでは、友達申請や承認を経てお互いの投稿が表示されるようになりますが、Facebookページでは、投稿に「いいね!」するだけで、その人のフィードにFacebookページの広告が表示されます。

つまり、Facebookページに興味を持ってくれたユーザーへ、効率的なアプローチが可能になるのです。

FacebookページとFacebook広告との違い

FacebookページとFacebook広告は目的に合わせた使い分けが有効です。

Facebookページは、自社の商品やサービス、ブランドなどに興味を持っている既存のユーザーに向けたコンテンツで、ブランドや企業は「ファン」との交流を通して親密性を高めることを前提に運用していくものです。

対して、Facebook広告では、精密なターゲティング機能によってアプローチしたいユーザー層を指定して広告配信できるため、新規ユーザーの獲得につなげることができます。

Facebookページの場合は、既に自社の商品やサービスに興味のあるユーザーとの交流から親和性を高めることを目的に活用し、Facebook広告の場合は、新規ユーザーの獲得から商品の販売や店舗の来店といった、コンバージョン拡大を目指すことを目的にして運用していくことがよいでしょう。

まとめ

今回は、Facebookページの特徴とFacebook広告との違いについてご紹介しました。

ぜひ今後の運用にお役立てください。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事