リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【TikTok広告最新ニュース】米国調査会社ニールセンがTikTokのメディアミックス・モデリング・プログラムへの参加を発表、協業強化へ

米国のデータ・市場調査会社ニールセンは、短編動画プラットフォームTikTokの「メディアミックス・モデリング・プログラム」に参加すると2022年5月24日に発表しました。

TikTokのメディアミックス・モデリング・プログラムは、マーケティング測定のリーダーを集め、広告主が短編動画プラットフォームTikTokにおけるマーケティングの影響についてより多くの洞察や発見を得られるようにすることを目的にしています。

本記事では、米国のデータ・市場調査会社ニールセンが行った調査について、概要をご紹介していきます。

ニールセンの調査概要|TikTokで期待されるマーケティング効果について

ニールセンの調査では、TikTokで期待されるマーケティング効果の原則に基づく、以下の結果が明らかになっています。

  • 単一よりも複数の広告フォーマットの方が投資利益率が高い
  • 長期間実施しているキャンペーンの方が費用対効果が高い
  • 有料広告ユニットはわずかな費用で持続的な成果を増やす

TikTokが提供しているフォーマット(インフィード動画広告、ブランデッドハッシュタグチャレンジ、ブランドエフェクトなど)を複数同時に使用したブランドと1つの広告フォーマットのみを使用したブランドと比較した結果、 12%もの高いROIを達成したとのことです。

また、キャンペーンを長期間実施している方が良い結果が得られるとしており、 7週間以上のキャンペーンを実施したブランドは、短期間のキャンペーンを実施した他のブランドと比較して、14%高い広告費用対効果を得られることが示されました。

これらの調査から得られた初期の予測シミュレーションにおいて、インフィードなどの有料広告ユニットは、「わずかな費用で持続的な成果の増加をもたらす」としています。

関連リンク:NIELSEN プレスリリース|ニールセンとTikTok、グローバルのマーケティングインサイトの解明に向けて協業 

まとめ

今回は、TikTokの「メディアミックス・モデリング・プログラム」において、米国のデータ・市場調査会社ニールセンが行った、マーケティング効果の原則に基づく調査について概要をご紹介しました。

TikTokとニースセンが協業強化することで、広告効果を向上させる重要なインサイトを解明できるサポートがより期待できるようになるでしょう。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ