リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

LINEから新リリース「LINE POP Media」とは?

2022年6月にLINE広告から小売店舗の収益拡大に役立つ「LINE POP Media」がリリースされる予定です。 本記事では、LINE POP Mediaについてご紹介してきます。

LINE POP Mediaの特徴

LINE POP Mediaとは、店内に設置したLINE Beaconを通して、来店ユーザーのLINEのトークリスト最上部に広告配信するサービスです。

2022年6月からメーカー企業向けと一部の小売り企業向けにリリース予定です。

LINE POP Mediaのメリットとしては、2点あります。

  • アナログPOPをデジタルに代替でき、購買直前のユーザーへのアプローチが可能に
  • 商品棚への誘引や購買の後押しができる

配信フォーマット

配信フォーマットは、メーカー企業の場合と小売企業の場合でそれぞれ異なります。

メーカー企業の広告枠 小売企業の配信枠
LINEのトークリスト最上部 LINEで応募
LINE公式アカウント
メッセージ

メーカー企業の場合では、LINEのトークリストの最上部に広告を表示し、小売企業の場合は、LINEで応募のLINE公式アカウントから、メッセージを配信できます。

利用の流れ

利用の流れについて、メーカー企業の場合と小売企業の場合でそれぞれご紹介します。

メーカー企業の利用の流れ

メーカー企業の場合は、各種審査が必要になります。

  1. 問い合わせ :販売パートナーへの問い合わせが必要です。
  2. 企業・商材審査:企業、商材について審査が行われ、利用可否の連絡があります。
  3. 機能開放申請審査:LINE POP Mediaの機能利用申請の審査が行われます。※事前に実施小売店との商談を済ませることが必須条件です。
  4. 原稿入稿/審査:クリエイティブ及びLPの本番審査が行われます。※審査の結果によっては、掲載が遅れる、または掲載ができない場合もあります。
  5. 配信開始:配信日時より掲載開始されます。

小売企業の利用の流れ

小売企業については、現在、スーパーマーケット、コンビニエンスストア、ドラッグストアのみの受付となっています。

  1. 問い合わせ: LINE POP Media認定Beacon設置パートナーへの問い合わせが必要です。
  2. 契約:条件面の確認等を行い、LINE POP Media参画基本合意書を締結します。
  3. LINE Beacon LINE POP Media認定:LINE Beacon設置パートナーへの申込後、対象店舗へ実機の設置を行います。
  4. 支払い(レベニューシェア):配信実績に応じてレベニューシェアを支払いをします。

まとめ

今回は、2022年6月リリース予定のLINE POP Mediaについてご紹介しました。

実店舗に来店した顧客に対してへ利用率の高いLINEでデジタル広告を配信される機能はさらなるアプローチが期待できそうです。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事