リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【LINE広告】動画3秒再生の最適化機能とは?特徴とメリット、注意点を解説

LINE広告では、「動画3秒再生の最適化機能」が提供されています。
動画3秒再生の最適化機能は、自社の商品やサービス動画広告を設定した予算内で、より効率的に動画再生を促したい場合に有効な機能です。

本記事では、「動画3秒再生の最適化機能」の特徴とメリット、注意点についてご紹介します。

動画3秒再生の最適化機能の特徴

動画3秒再生の最適化機能は、LINEが保有するデータに基づき、動画を視聴する可能性がより高いユーザーに対して、最適な自動入札を経て広告が配信できる機能です。

LINE社が機能の実装に先駆けて行ったテスト配信では、手動入札の広告配信と比較して動画の3秒再生数は約200%増加、3秒あたりの動画再生単価も約35%改善するなどの結果が出ています。

メリット

動画3秒再生の最適化機能のメリットは、ユーザーの注目を集めやすく、商品やサービスを効果的に訴求できるという点です。

LINE広告で利用できる広告フォーマットには、静止画と動画がありますが、動画は静止画と比べて多くの情報を盛り込むことができます。 さらに「3秒到達率」(3秒間見られる確率)が高い動画は、より配信効果が出やすい傾向にあります。

動画広告の運用においては、冒頭の3秒をユーザーに見てもらえるかどうかが効果検証を行う際の指標の1つとなるでしょう。

注意点

動画3秒再生の最適化機能を利用するにあたり以下の注意点が挙げられます。

  • 既存のキャンペーンおよび広告グループでは利用不可
  • Web案件でのみでの提供されているため、アプリ案件は利用不可
  • 3秒あたりの動画再生単価の上限は1円以上の整数でのみ入力可能

動画3秒再生の最適化機能では、新規で「動画の再生」を目的としたキャンペーンを作成する必要があるため、既存のキャンペーンや広告グループを流用したい場合は注意が必要です。

まとめ

今回は、LINE広告の動画3秒再生の最適化機能についてご紹介しました。 動画再生単価が35%改善したという数字は、大きな効果が期待できそうですね。

ぜひ今後の広告運用にお役立てください。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ