リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Instagram広告】商品タグ付き広告とは?特徴とメリットを解説

SNSの発展に伴い、多くのユーザーがSNSで気になる商品のリサーチや購入することが自然な流れになってきました。

Instagram広告では、Instagramの写真による訴求力が高いことを活かし、投稿に商品タグを設置し、商品ページへ移動できる「商品タグ付き広告」が提供されています。

本記事では、Instagramの商品タグ付き広告(ショッピング広告)について特徴とメリットをご紹介します。

商品タグ付き広告(ショッピング広告)の特徴

Instagramのショッピング広告には、Instagramの投稿に「商品タグ」を設置し、投稿から直接商品ページに遷移することができる機能があります。

この機能は「商品タグ付き広告」と呼ばれることもあります。

商品タグ付き広告は、広告マネージャで設定可能です。 配信面は以下の2カ所です。

  • フィード面
  • 発見タブ

※ストーリーズやリールでの配信はできません。

配信フォーマットは以下の3つから選択できます。

  • シングル画像
  • カルーセル
  • 動画

また、商品タグつき広告は、Instagramダイナミック広告でも利用可能です。

Instagramダイナミック広告では、ユーザーの興味関心に合わせてカルーセル形式で複数の商品をアピールできます。

タグを利用した商品情報の表示や、商品サイトへの遷移から購入までをシームレスに提供できる商品タグ付き広告は、ダイナミック広告との相性が特によさそうですね。

商品タグ付き広告(ショッピング広告)のメリット

商品タグ付き広告のメリットについて、以下の3点を挙げていきます。

  • オーガニック投稿と同様の体験を提供できる
  • リーチの最大化が可能
  • クリック可能な箇所が増える

それぞれ以下で解説します。

オーガニック投稿と同様の体験を提供できる

商品タグ付き広告は、Instagram上の投稿をそのまま利用する仕組みのため、広告でもオーガニックのInstagaramショッピング機能をもつ投稿同様の体験をユーザーに届けることができます。

リーチの最大化が可能

商品タグ付き広告を使うことで、リーチを最大化できます。

Metaの調査では、商品タグ付き広告を使うことで、ショッピング投稿のリーチが広がり、顧客獲得単価を20%削減できるという結果が出ています。
参考:Meta for Business

また、ブランド全体ではなく、特にアピールしたい商品を購買意向の高い潜在顧客へリーチできるのも商品タグ付き広告のメリットと言えます。

クリック可能な箇所が増える

商品タグ付き広告では、通常の広告の画像下部のCTAボタンに加え、タップした際に画像上に現れる商品タグにもクリックできます。

また、画像上に商品タグが表示される仕様のため、視覚的にもより多くのユーザーを誘導することが可能です。

まとめ

今回は、Instagramの商品タグ付き広告(ショッピング広告)の特徴とメリットをご紹介しました。

自社の商品の宣伝をInstagram内で既存のショッピング投稿に商品タグ付きでアピールすることができ、リーチの最大化を期待できるのが商品タグ付き広告です。

ぜひ今後の広告運用にお役立てください。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ