リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Meta、自動広告ツールを統合へ|新ポートフォリオ「Meta Advantage」とは?

Metaは、2022年3月22日(火)にMeta社の自動広告ツール群は、「Meta Advantage」という新しいポートフォリオに集約することを発表しました。

Meta Advantageにより、詳細ターゲット設定の拡大や自動アプリ広告といった自動化ツール群が統合されることで、広告主は、Metaより提供される自動化広告ツールがさらに見つけやすくなり、活用しやすくなります。

そこで本記事では、Meta Advantageについて、概要とメリットを解説します。

Meta Advantageの概要

Meta Advantageは、Metaが提供する、すべての自動広告ツールを統合する新しいポートフォリオです。

自動広告ツールは、最も関連性の高いユーザーや広告配信先を自動的に見つけるなど、広告効果を改善するのに役立ちます。

2つのカテゴリ

Meta Advantageは、以下の2つのカテゴリに分けられます。

  • Advantage
  • Advantage+

それぞれどのようなものか以下でご紹介します。

Advantage

Advantageは、手動で設定したキャンペーンの一部を自動化できます。Advantageには、ターゲットとするユーザーに関する詳細ターゲット設定オプションの選択などが含まれます。

Advantage+

Advantage+は、キャンペーンフローをエンドツーエンドで自動化する、または手作業で行っているキャンペーン設定の中でも、配置やクリエイティブなどの重要な作業全体を自動化できます。

Advantage+では、広告が最も効果を発揮する配信先を見つけ、パフォーマンスを最大限に高める機会を増やすことが可能です。

たとえば、Facebook Marketplace、Instagramストーリーズ、リールなどの6か所以上の配置で広告を表示することで、Metaのシステムはより柔軟にコスト抑制と成果向上の実現が期待できます。

Meta Advantageのメリット

Meta Advantageのメリットは以下の3点です。

  1. 最適化により、広告キャンペーンの目標を達成できる可能性が高くなり、それを長期にわたって持続させることが期待できます。
  2. パーソナライゼーションにより、ターゲットとなるユーザー対して適切なタイミングで広告配信することができるため、ユーザーとのより深い結びつきを実現できます。
  3. 効率化により、キャンペーンに費やす時間と労力を削減し、広告運用担当者はコア業務に専念できるようになります。

このようにMeta Advantageは、広告主による意思決定・広告の作成・キャンペーン最適化を簡素化でき、最終的にあらゆる規模の企業の業績向上につながるよう、簡単な道筋を作ることができるように設計されています。

まとめ

Meta Advantageにより、既にMetaから提供されている自動広告ツールをポートフォリオにすることで、それぞれの機能がわかりやすくなり、広告主が求めるゴールに近づくためにどのツールを活用すべきなのかが整理されるようになりました。

「Advantage」の名を冠した広告ツールを選ぶことで、最大限効率的なキャンペーンを作成、展開するためのMetaの最先端の自動化技術と機械学習技術をご活用できるようになります。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ