リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Facebook広告】ダイナミック機能の特徴と注意点について

Facebook広告では、クリエイティブ制作に注力しきれない広告主の課題を解決してくれるダイナミック機能が提供されています。

広告運用をする上では、どのようなクリエイティブが反応がよくなるかは常に課題となる部分でしょう。 たとえば、テキストや画像の明るさ、コントラストなど、細部にまでこだわりABテストを繰り返すこともしばしば。しかし、膨大な量のABテストを実施するのはあまり現実的ではありません。

ダイナミック機能を使用することで、一つの広告から複数のバリエーションを自動で生成してくれるため、これまで掛かりすぎていた工数を減らすことも可能です。

そこで本記事では、Facebook広告のダイナミック機能について特徴と注意点をご紹介します。

ダイナミック機能の特徴

ダイナミック機能は、広告の複数のバリエーションを自動で作成し、1本の広告からパーソナライズされたバリエーションを表示できる機能です。

特徴は、それぞれのユーザーが最も反応しそうなところを予測し、パフォーマンスの向上が見込まれる場合に自動的に生成される点です。

自動的に表示される広告のバリエーションは、主に次の3つです。

  • テキストの組み合わせ
  • メディアエンハンス
  • 広告レベルの構成上の変更

それぞれについて以下でご紹介します。

テキストの組み合わせ

既に広告に設定しているテキストオプション(メインテキスト・見出し・説明)から広告を見たユーザーが最も反応すると予測される組み合わせで、自動的に表示されます。

ただし、特定の広告配置用に編集されたテキストは、それ以外の配置用のテキストと入れ替えられることはありません。

メディアエンハンス

メディアエンハンスとは、広告を見たユーザーが最も反応するように、画像または動画を調整してくれる機能です。

調整される項目は以下の通りです。

項目 概要
画像の明るさとコントラストを調整 画像の明るさとコントラストを調整
アートフィルターをメディアに適用 色温度調整やシャープ化、フィルターを適用するか、ビネットまたは放射状ぼかしを追加
メディアのアスペクト比を変更 画像のオリジナルバージョンまたはトリミングバージョンのどちらかが表示される
ニュースフィード画像にテンプレートを追加 さまざまなテンプレートを使用して画像がニュースフィードの配置に合うように調整

広告レベルの構成上の変更

広告レベルの構成上の変更では、広告を見たユーザーが最も反応するように、広告内または広告周辺の表示とコンポーネントの組み合わせを調整されます。

例えば、次のことを行います。

  • Facebookページから広告にとって有利な面(「いいね!」や評価など)を強調するラベルが追加される
  • 最も関連性の高いFacebookコメントが広告の下に表示される

注意点

ダイナミック機能を使用する際の注意点は、表示されたバリエーションごとの実績を確認できないため、どの要素がコンバージョンにつながったか正確な検証が難しい点です。

そのため、もしA/Bテストを実施する場合は、「ダイナミック機能を使った広告」と「ダイナミック機能を使っていない広告」で効果を検証することをおすすめします。

まとめ

今回は、Facebook広告のダイナミック機能についてご紹介しました。 今後の広告運用にぜひお役立てください。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ