リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Twitter広告】最新アップデート情報|広告パフォーマンスを向上させるための3つの新機能

今回は、Twitter広告の最新アップデート情報をお伝えします。

Twitter社では、Twitter上で広告主サイトへのトラフィック誘導を目的にした広告のパフォーマンスを向上させるため、3つの新機能を導入すると発表しました。

本記事では、3つの新機能、「サイト訪問数最適化」「集約測定」「イベントマネージャー」についてご紹介します。

アップデートの概要

Twitter社は、2021年に導入した広告効果の測定や最適化ソリューションをさらに強化するため、以下の3つの新機能をリリースしています。

  • サイト訪問数最適化
  • 集約測定
  • イベントマネージャー

それぞれの機能について、以下で解説していきます。

サイト訪問数最適化

サイト訪問数最適化は、2つの特徴があります。

  • 広告主サイトを訪問する可能性が最も高いオーディエンスの特定
  • 特定されたオーディエンスへの広告表示に特化する

仕組みは、「Twitterウェブサイトタグ」を有効にして、広告主サイトで実行するアクションを追跡することで、Twitter広告に関連付けます。

公式発表では、「テストではサイト訪問にかかるコストが平均31%削減された」とのことです。

集約測定

集約測定では、Twitter広告マネージャーをアップデートすることで、利用可能になります。

機能としては、iPhoneなどのiOSデバイスでトラッキングを適用除外したオーディエンスも個人を特定しない集団でコンバージョンイベントの統計データを表示できるようになります。

公式発表では、「Twitter広告マネージャーを利用したTwitter広告からのサイト訪問コンバージョンは、全体で平均31%向上した」とのことです。

イベントマネージャー

イベントマネージャーは、Twitterウェブサイトタグと関連するウェブベースのコンバージョンイベントを一元管理する画面です。

Twitterウェブサイトタグの設置方法やコンバージョンイベントの設定方法の分かりやすいガイダンスとインターフェースになるため、コンバージョンイベントのリアルタイムな取得状況がわかるダッシュボードになります。

まとめ

今回はTwitter広告の最新アップデート情報をご紹介しました。

Twitterでは、2022年を「パフォーマンス向上の年」と位置づけており、今後もTwitter上での広告キャンペーンの運用方法の改善を目的とするアップデートを数多く予定されているとのことです。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ