リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

TikTok広告で活用できるオーディエンス機能とは?

TikTok広告では、運用型広告配信プラットフォーム「TikTok For Business」で広告配信をターゲティングできる機能があります。

本記事では、TikTok広告の「オーディエンス」について解説します。

TikTok For Businessのオーディエンス機能とは

TikTok For Businessのオーディエンス機能とは、運用中の広告キャンペーンでターゲット層にリーチできるように、広告配信先のターゲティングができる機能のことです。

オーディエンスの種類

オーディエンスには2種類があります。

  • カスタムオーディエンス
  • 類似オーディエンス

それぞれについて、以下で解説します。

その1:カスタムオーディエンス

はじめにカスタムオーディエンスについて紹介します。

カスタムオーディエンスを利用したターゲティングは、主に以下の4つの目的に合わせて設定ができます。

  • リマーケティング
  • 潜在的なリピーターへのリーチ
  • フォロワー増加
  • アプリのエンゲージメント増加

広告キャンペーンの目的に合わせてターゲティングを行うことで、カスタムオーディエンス機能は強力な機能となるでしょう。

カスタムオーディエンスの種類

カスタムオーディエンスの種類は4つあります。

※画像引用:TikTok For Business

それぞれの機能について、以下で補足します。

カスタムファイル

独自の顧客データ(カスタマーファイル)をアップロードすることで、広告配信に利用できる機能です。

広告エンゲージメント

これまでに広告が配信されたユーザーを指し、その広告を〇秒間視聴した、クリックしたなどの条件をつけてリストを蓄積できる機能です。

アプリイベント

アプリ内で支払い情報の追加やレベルの達成など、特定の行動を完了したユーザー情報を蓄積できる機能です。

ウェブサイト閲覧者

ウェブサイトを訪問、特定の行動を取ったユーザー情報を蓄積できる機能です。

その2:類似オーディエンス

次に、類似オーディエンスを紹介します。

類似オーディエンスは、既存のカスタムオーディエンスをもとに、条件を追加することで類似のオーディエンスを作成できる機能です。

※画像引用:TikTok For Business

類似オーディンエンスを活用することで、カスタムオーディエンスにもとづいてシステムが学習を行い、それらと特徴が類似しているユーザーに広告を配信できるようになります。

まとめ

今回は、TikTok広告で活用できるオーディエンス機能についてご紹介しました。

広告配信において、ターゲティングは重要な要素となってきますので、この機会にぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事