リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Facebook広告】最新アップデート情報|成果重視の広告運用へキャンペーンの目標を簡素化

今回はFacebook広告アップデート情報をお伝えします。

2021年12月にMeta社より、Facebook広告の「キャンペーンの目的」をこれまでの11種類から6種類に集約すると発表がありました。

本記事では、アップデートの概要と目的をご紹介します。

アップデート概要|キャンペーンの目的が11種類から6種類へ

現在、キャンペーンの目的は全11種類用意され、さらに購買行動の3つのフェーズ(認知・検討・コンバージョン)ごとに分類されています。

今回のアップデートでは、購買行動の3つのフェーズによる分類は撤廃され、以下の全6種類に集約されることに決まりました。

  • 認知
  • トラフィック
  •  エンゲージメント
  • リード
  • アプリの宣伝
  • 売上

Meta社は、2022年の年末までに完全適用できるように、四半期ごとに段階的に展開すると発表しています。

従来のキャンペーンの目的11種類と今回集約される6種類の相関については、以下の表を確認ください。

従来(11種類) 今後(6種類)
ブランドの認知度アップ
リーチ
動画の再生数アップ
認知
トラフィック トラフィック
エンゲージメント
動画の再生数アップ
メッセージ
コンバージョン
エンゲージメント
リード獲得
メッセージ
コンバージョン
リード
アプリのインストール アプリの宣伝
コンバージョン
カタログ販売
来店数の増加
売上

アップデートの目的

現在、Facebook広告では、広告主のマーケティング目標を達成しやすくするためのプロジェクト「ODAX(Outcome-Driven Ad Experiences)」を立ち上げています。

ODAXでは、成果につながる最適なキャンペーン設計ができるように、広告マネージャのインターフェースを再設計しています。

今回の「キャンペーンの目的」を集約する背景も、広告主がマーケティング目標を達成しやすくするためものといえます。

よりシンプルにFacebook広告を利用できるようになり、マーケティング業界でよく使われる目標とFacebook広告の目標が一致することになれば、 広告主が自社のマーケティングの目標を達成しやすくなるというメリットがあります。

まとめ

今回は、Facebook広告のアップデート情報をご紹介しました。

キャンペーンの目的が6種類に集約されることで、今後の広告運用をよりシンプルにできるというメリットもあります。

ODAXプロジェクトにより、広告マネージャで成果につながる最適なキャンペーン設計ができるようになれば、自社のマーケティングにおいて、さらに役立つ施策が打てるようになるでしょう。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事