リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Facebook広告最新アップデート情報|特定の広告ターゲティングを削除と広告コントロールを拡張について

今回はFacebook広告最新アップデート情報をお伝えします。

Meta社(旧Facebook社)は、次の2点について発表しました。

  • Facebook広告の詳細ターゲット設定におけるデリケートなトピックの削除を行う
  • 広告コントロールの拡張に取り組んでいく

本記事ではこれらのアップデート内容の概要をご紹介していきます。

【概要】「特定の広告ターゲティングオプションの削除」について

2022年1月19日以降、Facebook広告の詳細ターゲット設定において、健康、人種、民族、所属政党、宗教、性的指向に関連した原因、組織、人物を参照するトピックが削除されます。

参考:Meta for Business|特定の広告ターゲティングオプションを削除し、広告コントロールを拡張する

削除されるトピックの例は主に次の4点です。

  • 健康上の原因(例:「肺がんの認識」「世界糖尿病デー」「化学療法」)
  • 性的指向(例:「同性結婚」「LGBT文化」)
  • 宗教的慣習とグループ(例:「カトリック教会」「ユダヤ教の祝日」)
  • 政治的信念、社会的問題、原因、組織、人物

詳細ターゲット設定は、Facebookのプラットフォーム上での行動やユーザーの興味・関心にもとづいたものであり、ユーザーの身体的特徴や個人の属性によるターゲティングではありません。

しかし、これらのトピックは「一部のユーザーにネガティブな体験をもたらす用途で使用される可能性がある」とし、今回のアップデートが決定されました。

今回のアップデートによる注意点としては「2022年3月17日以降に対象のトピックを含むターゲティング設定に変更を加えるとエラーが出る」などがあります。

広告主は、2022年3月17日までに、「対象のトピックが含まれる広告セットを削除する」又は「広告セット内で対象のトピックを削除する変更を行う」必要がありす。

参考:Meta for Developers|2022年1月19日以降のMetaの詳細なターゲティングオプションの更新

削除される広告ターゲティングオプションの代替案

今回のアップデートは、削除となるトピックを前向きな社会変化を生み出す活動に役立てている広告主にもマイナスに働く可能性があるため、Meta社では以下の代替手段を提案しています。

エンゲージメントカスタムオーディエンスを使用する

エンゲージメントカスタムオーディエンスを使用することで、寄付を促進しようとしている擁護団体や顧客とのつながりを模索している中小企業など、自分のページを気に入った人やニュースフィードに表示された可能性のある動画を視聴した人にリーチが可能になります。

さらに、エンゲージメントカスタムオーディエンスをもとに類似オーディエンスを作成し配信することで、リーチを広げることができます。

参考:Meta for Business|エンゲージメントカスタムオーディエンスについて

ウェブサイトカスタムオーディエンスを使用する

ウェブサイトカスタムオーディエンスを使用することで、自社のウェブサイトに訪問したことのあるなどの自社のWebサイトや商品に関心のあるユーザーに広告を配信できます。

参考:Meta for Business|ウェブサイトカスタムオーディエンスについて

地域によるターゲット設定を使用する

地域によるターゲット設定を使用することで、国・地域・都市などの場所にもとづいたオーディエンスの絞り込みができます。

店舗やオンラインストアを運営するオーナーに適しており、店舗のあるエリアや商品の配送エリア内にいるユーザーに広告を配信する場合に活用できます。

参考:Meta for Business|地域によるターゲット設定について

【概要】「広告コントロールの拡張」について

Meta社は、特定のコンテンツについて、「ユーザー自身が表示する広告の数を管理できるように広告コントロールの拡張にも取り組んでいく」と発表しました。

現在でも、ユーザーは以下のコンテンツに関連する広告の表示を減らす選択ができます。

  • 政治
  • 子育て
  • アルコール
  • ペット

これらに加えて、2022年のはじめには「ギャンブル」や「減量」などのより多くの広告コンテンツをユーザーが管理できるようになるのです。

Meta社では、広告システムを簡素化することで広告主とユーザーにより多くの価値を提供することや悪用を防ぐことを目的として、定期的にターゲティング設定オプションを確認し「更新・削除」を行っています。

しかし、ターゲティング設定オプションの更新・削除を行っても、ユーザーが関心のない広告コンテンツが表示される可能性はあります。

そのため、ユーザー自身でも表示する広告コンテンツを管理できるように「広告コントロールの拡張」を実施したおいうことが、今回のアップデート実施の経緯となります。

まとめ

今回はFacebook広告の最新アップデート情報「特定の広告ターゲティングを削除と広告コントロールを拡張について」の概要をお伝えしました。

今後も「ユーザーにネガティブな影響を与える可能性のあるターゲティングオプション」については、改善を続けていくと考えられています。

特定のターゲット設定ができなくなるという懸念を抱える広告主さまもいらっしゃるかもしれませんが、ご紹介した代替案などを活用していくとよいでしょう。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ