リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Instagram広告】広告配信がNGになるケースとは?

公開日:
更新日:

Instagram広告を出稿したものの、審査がNGで配信ができなかった場合、「なぜNGなのか分からない」と壁にぶつかることはありませんか?

今回は、Instagramの広告審査でNGになるケースについて、気を付けるべきポイントを解説していきます。

Instagram広告についてのまとめ記事はこちら!
【プロが解説】Instagram広告とは?特徴や可能なターゲティング、掲載フォーマットなどを解説

広告審査がNGになってしまうケース

広告審査がNGになってしまうケースの代表例を2つご紹介します。他にもNGNになるケースはありますが、これらに抵触しているとほぼ確実に審査落ちしてしまいます。

  • 故意に情報を隠す(クリックベイト)
  • ユーザーの感情をあおる(扇情的表現)

故意に情報を隠す(クリックベイト)

わざと一部を隠して、クリックしないと続きが見られないようにした広告はいわゆる「クリックベイト(釣り)」に当たるものに該当します。

こうした広告は審査段階で「低品質または邪魔なコンテンツ」と判断されやすく、広告出稿が却下される可能性が高くなります。

ユーザーの感情をあおる(扇情的表現)

クリックするように仕向ける虚偽的または、大げさな内容を含む広告も「クリックベイト(釣り)」とみなされ、広告出稿が却下されます。

たとえば、

  • ユーザーの期待度を煽ってクリックを誘引するもの
  • クリック先のページの内容が広告と関連性が薄い

といった場合が該当します。

次からはInstagram広告を配信するポイントをご紹介していきます。

Instagram広告配信のポイント

Instagram広告に関するポイントは以下の2つです。

  • 画像テキストを20%に抑える
  • 広告ポリシーに準拠する

画像テキストを20%に抑える

まず、Instagram広告は、画像テキストを20%に抑える方が望ましいです。 以下の画像をもとにご説明します。

 

画像は、
①=本文
②=広告画像(動画またはサムネイル)
③=画像テキスト
のそれぞれ指しています。

結論から言うと、③の画像内のテキスト量が20%未満であるほうがパフォーマンスは向上します。そのためできるだけテキストは20%以内におさえることをおすすめします。

ちなみに以前は画像テキストが20%未満でない場合広告審査でNGとなって配信ができなくなったり、リーチが低下する原因になる「20%ルール」が存在していました。

ユーザーと出稿企業の双方に最大の価値をもたらす」という目的のもと、広告出稿を行うという前提があるためで、文字が多すぎる広告画像や広告動画は、低品質とみなされていました。

広告ポリシーに準拠する

Instagram広告は、Facebook広告ポリシーに基づいて審査され、通過して初めて世の中に配信されます。広告としてふさわしい内容であるか、Instagramのユーザーが不快な思いをしないか審査されます。

広告ポリシーは以下から確認できますので、広告作成前にご一読ください。

Facebook広告ポリシー

広告の審査は、通常24時間以内で完了します。 場合によってはさらに時間がかかる可能性もあります。ポリシーに反していると審査に落ちますので、余裕をもって広告出稿の準備をしましょう。

まとめ

今回は、Instagram広告を出稿する際のルールと広告審査NGとなるケースについてご紹介しました。

ポイントは、ユーザー視点で「不快ではないか」や「釣りになっていないか」、「誘導先のLPと広告の品質が一致しているか」などです。

自社の広告パフォーマンスを最大化し、より多くのユーザーにリーチし、コンバージョンを獲得するためには、ユーザー視点を大切にした広告であることが重要です。

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

名古屋にある、リスティング広告運用代行専門の
カルテットコミュニケーションズの編集部です!

リスティング広告をはじめ、様々な媒体の最新情報やここでしか知れないプロの運用者が書いたテクニックを見ることができます!

毎週更新しているメルマガもお楽しみに!!!
実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事