リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Facebook広告2021年12月最新アップデート情報|ダイナミック機能について

今回は、Facebook広告の2021年12月にアップデートされた「ダイナミック機能」について、概要や設定方法をご紹介します。

ダイナミック機能とは?

ダイナミック機能とは、機械学習を活用し、広告のターゲット層のニーズに合った広告を自動的に生成する機能のことです。

この機能を使用することで、ユーザーに対して関連性の高い広告を配信でき、パフォーマンスの向上を期待できます。

ダイナミック機能を活用するメリット

ダイナミック機能を活用するメリットは主に以下の2点です。

  • メディアの拡張ができる
  • 広告レベルの構成変更ができる

メディアの拡張ができる

ダイナミック機能を活用することで、主に画像や動画の編集を自動的に作成することが可能です。

たとえば、

  • 画像の輝度やコントラストの調整
  • アートフィルター(例: 色温度の調整、端をぼやかすことによるピント合わせ)
  • アスペクト比のバリエーション
  • ニュースフィード画像へのテンプレート追加

などがあります。

広告レベルの構成変更ができる

1件の広告内でのコンポーネントの表示や配列が自動で最適化されます。

たとえば、

  • Facebookページから「ビジネスの便利なポイント」をハイライトするラベルの追加
  • 見出し・説明・メインテキストのフィールド間のテキスト置換

などがあります。

設定方法と覚えておくとよいポイントについて

ダイナミック機能を有効にする方法と、その他覚えておくとよい点をご紹介します。

ダイナミック機能を有効にする方法

ダイナミック機能を有効にするための手順は以下の通りです。

  1. ダイレクトレスポンスの目的(トラフィックまたはコンバージョン)でリンク先をウェブサイトに設定したキャンペーンを作成
  2. [新しい広告]画面の[広告設定]の下にある[ダイナミック機能]というチェックボックスをオンにする

覚えておくとよいポイント

ダイナミック機能を利用する上でのポイントを紹介します。

表示されるバリエーションの決定は広告主様が手動で設定する必要はない

ユーザーが反応する可能性が最も高いと判断された広告のバリエーションが自動的に表示されます。

機能を使用するための必要メディア数について

広告素材1件(画像または動画)とテキストのセット(コピー)をアップロードするのみでOKです。(現行のシングルメディア広告と同様)

ただし、パフォーマンスを高める可能性を最大化するには、多様なテキストオプションの用意が必要です。

まとめ

今回は、Facebook広告アップデート情報をお伝えしました。 ダイナミック機能は、機械学習を最大限活用できる特徴があります。

表示されるバリエーションの決定やアスペクト比、アートフィルターなど自動でしてくれる機能が多いため、これまで以上に広告配信が楽になるかもしれません。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。



業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ