リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Facebook広告最新アップデート情報】インストリーム広告の展開地域が日本も追加

今回は、Facebook広告のアップデート情報をお伝えします。

Metaは、Facebook上の動画コンテンツの前後や途中に広告を挿入できる機能(インストリーム広告)を日本で提供開始すると発表しました。(2021年11月16日発表)

本記事では、概要と種類、利用条件をご紹介します。

概要

Facebookのインストリーム広告では、長さが1分以上の動画コンテンツの再生前後や途中に、15秒の広告を挿入することができます。

企業は、知名度の高いインフルエンサーやクリエイターが作成した動画を視聴している利用者に対して、それぞれに最適な広告を配信することが可能です。

インストリーム広告は、クリエイターが自身の動画から収入を得ることができる手段の一つになります。

これまで世界49カ国で展開、26の言語に対応していました。今回の発表で、日本を含む5カ国が追加され、新たに11言語が対応できるようになります。

インストリーム広告の種類と条件

Facebookのインストリーム広告の種類と条件についてご紹介します。

インストリーム広告の種類

インストリーム広告は以下の3種類あります。

・プリロール広告

・ミッドロール広告

・画像広告

プリロール広告

動画の開始前に再生される広告です。ページのタイムラインやWatchのウォッチリストでコンテンツを探している利用者配に対して配信されます。

ミッドロール広告

動画の再生途中に表示される広告です。自然な切れ目がある動画に最適なフォーマットになります。

画像広告

画像広告はコンテンツの下部に表示される静止画の広告です。動画の視聴を中断させることなく表示可能です。

利用資格について

インストリーム広告の利用資格を得るためには、以下の利用条件を常に満たしている必要があります。

・パートナー収益化ポリシーの要件を満たし、常に遵守していること

※パートナー収益化ポリシーのリンクは以下からも確認できます。
Meta for Business|ビジネスヘルプセンター「パートナー収益化ポリシー」 

・年齢は、18歳以上であること

・動画を公開するFacebookページのフォロワーが10,000人以上いること

・条件を満たす再生時間が過去60日間で合計600,000分以上に達していること

・クリエイター自身のページ上にアクティブな動画を5本以上保持していること

自身のページがインストリーム広告の要件を満たしているかについては、「収益化ツールのお申し込みページ」より確認することができます。

※収益化ツールのお申し込みページは以下のリンクからも確認できます。
Meta Creators|収益化ツールの申請ページ

まとめ

今回は、Facebook広告のアップデート情報として、インストリーム広告の概要と種類、条件についてご紹介しました。

Facebookは、多くのビジネスオーナーが利用してるプラットフォームになりますので、ぜひ今後のプロモーション活動にもご参考になさってください。

 

1営業日以内に返信いたします 広告の運用代行についてのお問い合わせはこちら
シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。


リスティング広告の
情報をお届け

メルマガではリスティング広告に詳しくなれる記事を毎週一週間分まとめてお届けします。不定期にはなりますがリスティング広告に限らず、Web集客改善に繋がる資料もお送りしていきますので、興味のある方はぜひご登録ください。

カルテット編集部

この記事を書いた人

カルテット編集部

カルテットコミュニケーションズ編集部。実は中の人は一人です。

同じカテゴリの最近の記事