リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Twitterカルーセル広告】概要とアップデート情報について

Twitter広告のカルーセル広告では、カードごとに異なるリンク先とヘッドラインが設定可能になりました。今回はTwitterカルーセル広告の概要とアップデートされた機能についてご紹介します。

Twitterカルーセル広告の概要

Twitterカルーセル広告は、1つの広告ツイートに2~6枚のカルーセルカードを使い展開できます。カルーセルカードには画像・動画を掲載でき、ストーリー性のある広告配信ができるという特徴があります。

Twitterカルーセル広告のメリット

カルーセル広告を利用することで得られるメリット3つをご紹介します。

ユーザーの目に留まりやすい

カルーセル広告は、通常の広告に比べて表示範囲が広く、幅いっぱいに表示されるため、ユーザーの興味を惹きやすいです。スワイプも可能なため、広告に注目する時間を延ばせる可能性も高いといえるでしょう。

目的に合わせた広告キャンペーンを利用できる

カルーセル広告は目的に合わせて、Webサイトやアプリに関する広告キャンペーンのすべてを活用できます。例えば動画でカルーセル広告を配信したい時は、動画の再生数キャンペーンで利用できます。

この他、エンゲージメント数キャンペーンや、ブランド認知度の向上キャンペーンでもカルーセル広告を使用できますので幅広い目的で使用可能です。

データ測定する機能で広告の分析が可能

カード単位のパフォーマンスやスワイプのレポートなどでデータを測定できるため、カルーセル広告におけるパフォーマンスを把握し、分析できます。

設定可能になった機能について

今回、設定可能になった機能についてご紹介します。

カードごとに異なるリンク先とヘッドラインを設定可能に

カルーセルカードごとに異なるリンク先URLとヘッドラインが設定できるようになりました。

これによりカードで単位でリンク先に合わせた訴求内容に変更したり、カード全体でストーリー性を持たせた訴求などを行えるようになりました。

またスワイプ範囲も広がっていますので、認知拡大効果も向上したと判断できます。

Twitter社のリリース情報によると、この機能の追加によりCVRの向上に繋がったと発表されています。https://blog.twitter.com/ja_jp/topics/marketing/2021/performance-advertising-on-twitter

まとめ

今回はTwitterカルーセル広告について、概要を振り返るとともに追加された機能をご紹介しました。

今回の追加機能で広告配信側にとってはより利便性が上がっています。ユーザーにとっても目を惹くカルーセル広告をぜひこの機会に導入されてはいかがでしょうか。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ