リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

【Facebook広告】電話発信広告とは?種類をまとめてご紹介

今回は、Facebook広告の電話発信広告についてご紹介します。

【Facebook】電話発信広告とは

Facebook広告の電話発信広告とは、写真広告や動画広告に「今すぐ電話」ボタンを表示させ、ユーザーが指定された電話番号に発信できるモバイル限定の広告形式です。

メリット

メリットとしては、ユーザーが直接通話で問い合わせや申込、予約ができるという点です。

専用フォーマットへの入力が煩わしく「電話で済ませられたらいいのに」「でも電話番号が載っていない。今回は見送ろう」と思われる方もいらっしゃると思います。

せっかく広告に興味を持ってくれた方がいるのにそれでは勿体ないですよね。

電話発信広告は「電話で済ませたい」というユーザーの思いを叶える便利な機能です。

【Facebook広告】電話発信広告の種類

Facebook広告の電話発信広告の種類は2つあります。以下の表で、広告配信で必要な設定である目的・配置オプションについてもまとめていますので確認してみましょう。

電話発信広告は、通常のFacebook広告と同様に「キャンペーン単位で配信目的」と「広告セット単位で配置オプション」の設定する必要があります。

設定できる項目については、表の青色の部分「目的」と「配置オプション」をご参照ください。

通常の電話発信広告

「リード獲得」を選択した場合は「Facebookニュースフィード」にのみ配置され、「トラフィック」を選択した場合は「自動配置」か「Facebook及びInstagramニュースフィード」に配置されます。

電話番号表示オプション付き広告

配信目的は「コンバージョン」にのみ適用されます。配置オプションについては、「自動配置」か「Facebook及びInstagramニュースフィード」に配置されます。

ちなみに課金方式には以下となっています。

CPC:電話発信ボタンをユーザーがクリックしたタイミングで課金が発生

CPM:電話発信のクリックに関係なく広告が表示された段階で課金が発生

まとめ

メールやチャットに利便性を感じるユーザーがいる一方で、電話の方が使い勝手がよいと感じるユーザーもいます。また、状況やタイミングによっても電話の方が便利と感じる場合もあるかと思います。

数あるSNS広告の中でも、広告をタップすることで電話ができる機能は貴重な広告配信の方法となるでしょう。

この機会にぜひご検討してみてはいかがでしょうか。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ