リスティング広告 運用代行サービス|株式会社カルテットコミュニケーションズ|Yahoo広告/Google広告正規代理店

Instagram広告の画像サイズ・種類・注意点について解説します!

Instagram広告で利用できる画像サイズまとめ

Instagram広告には、ストーリーズ広告とフィード広告の2種類があります。

それぞれ推奨画像サイズが異なりますので見ていきましょう。

フィード広告(写真)の場合

解像度 正方形 横型 縦型
最小解像度
(単位:ピクセル)
600 x 600 600 x 315 600 x 750
最大解像度
(単位:ピクセル)
1,936 x 1,936

フィード広告(動画)の場合

ファイルサイズ 最大4GB
動画広告の長さ 最大120秒
キャプションの長さ 最大2,200文字
アスペクト比 正方形(1:1),横型(1.91:1),縦型(4:5)
最小解像度
(単位:ピクセル)
正方形(600 x 600),横型(600 x 315),縦型(600 x 750)

フィード広告(カルーセル広告)の場合

ファイルサイズ 30MB(写真)、4GB(動画)
キャプションの長さ 最大 2,200文字
動画広告の長さ 最大60秒
最小解像度(単位:ピクセル) 600 x 600
最大解像度(単位:ピクセル) 1,936 x 1,936

ストーリーズ広告の場合

ファイルサイズ 最大30MB(画像)、最大4GB(動画)
動画の長さ 最大15秒
最小解像度(単位:ピクセル) 600 x 1067

写真広告

写真広告とは、Instagramのユーザーのタイムラインに合わせた、最もよく見かけるシンプルかつポピュラーな広告です。

画像は正方形、横型の写真に対応しているため、ユーザーにも違和感なく訴求することができます。

広告下部にCTA(Call To Action)ボタンを設置できるので、ユーザーアクションを促しやすいという特徴があります。

 動画広告

最近各SNSで増加傾向にある動画広告。

Instagramでも動画を利用することにより、写真広告以上に多くの情報を伝えることができます。

写真同様に正方形、横型に対応しているため、他の投稿に馴染んだ広告を配信できます。

カルーセル広告

カルーセル広告はユーザーのスワイプ動作で最大10点の画像や動画を表示し、それぞれに別のリンクを付けらる広告です。

一つのサービス・商品に対して多角的に見せたり、ブランドストーリーを深く伝えるのに効果的です。

注意点としては、画像が正方形にトリミングされることです。

最初から正方形のクリエイティブで制作することを推奨されています。

ストーリーズ広告

ストーリーズ広告はインスタグラム独自の広告です。

縦型かつフルスクリーンで訴求できることが大きな強みで、没入感のあるフォーマットが広告をリアルに伝えることが可能です。

投稿したストーリーズの合間に15秒以下の動画広告が再生されます。

注意点として、画像・動画どちらもフルスクリーン対応(9:16)にて入稿する必要があるということです。

まとめ

ここまで、Instagram広告の画像サイズ・種類・注意点について解説してきました。

それぞれのアスペクト比やテキストの文字数やコンテンツの配置など、気を付けなくてはいけません。

今回の記事を読んでいただき、現時点でのInstagram広告に画像や動画が合っているか、見直すきっかけにしていただければと思います。

シェアする

ブログ記事の中で広告運用の事例をご紹介することがありますが、実際の事例を一部加工した内容となっておりますのでご留意ください。

また、2018年7月24日よりGoogle AdWordsはGoogle広告に名称変更されました。それ以前の記事に関してはGoogle AdWordsと表記されておりますのでご了承ください。




業界初のリスティング広告運用総合支援ツール Lisket(リスケット)

Googleアナリティクスのレポートが月額4,000円で無制限かつ簡単に作れる!『無限GAレポートメーカー』

リスティング広告の下請け業務請け負います

業種ごとの構成案テンプレートのご請求

リスティング広告お客様実績資料集のご請求

サービス概要ご紹介資料

お問い合わせ